【 バリ舞踊グループ スカル・サリ 】

1999年より名古屋にてバリ舞踊教室を開講。
主宰のYumiはバリ島滞在中、現地舞踊団のメンバーとして毎回ステージに立ち、バリ
島最高峰のアートフェスティバルにも出演。
スカル・サリとはバリ語で「聖なる花」。
古典舞踊、宮廷舞踊のレゴン、仮面舞踊のトペンから新作舞踊まで様々なレパートリ
ーを持つバリ舞踊団として、愛・地球博をはじめ、東海地方を中心に各地で公演を続け
ています。
元気で楽しくなるステージをモットーに、縄文・うさぎを拠点に活動中。


ガムラン音楽の響き、原色の華やかな衣装など、きらびやかなイメージが強いのです
が、単なる踊りという枠にとらわれず、命、生命の力、自然との一体感を、バリの空気
を通して感じて下さい。

【 Sekar Sari 名前の由来 】

バリ語でSekarは「花」、Sariは「聖なるもの、ものごとの本
質」などの意味があり、直訳すると「聖なる花」となりま
す。もう一つ、単語で「花の蜜」という意味もあり、これは
バリの先生から、「甘くておいしくて、みんなが大好き、そ
して花にはたくさんの色や香りや形がある。様々な踊り
で、喜びや幸せを感じさせてほしい」という想いでこの名を
頂きました。
スカルサリ

スカルサリ