▼2016年のイベント予定
過去の公演報告はコチラ
1999〜2001年  2002〜2003年  2004年  2005年  2006年

2007年  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年
 
2013年  2014年  2015年  2016年 



■12月18日(日) 縄文・うさぎ10周年 バリ祭り

関東地方を中心に精力的に活動している舞踊家達と、名古屋のガムラングループ、スアラ・スクマを招いて
公演します。
過去にも「秋の七草」として様々な種類のバリ舞踊を縄文・うさぎで上演していますが、今回は10周年記念。
古典舞踊から最新作の珍しい演目も観られます。
ぜひ、バリの空気を味わいに来てください。



【出演者】
 小原妙子、近藤ゆま、佐味千珠子(マニック・クスマ主宰)、中野愛子、林田圭緯子(バリ・クンチャナ主宰)、
 深石弘美(プスパ・ワルナ主宰)、 細金久美(サラスワティー主宰)
 スカル・サリ『Yumi、いそべ晶子、五島章子、小学4年生チーム(まほ、ゆい、ゆら)』
 スアラ・スクマ(竹ガムラン『リンディック』演奏)
 

■1部
 1、竹ガムラン『リンディック』演奏(スアラ・スクマ)

 2、パニャンブラマ〜ウェルカムダンス〜(スカル・サリ:まほ、ゆい、ゆら)
  椰子の葉で飾りをつけたボコールに、色とりどりの花を手に持ち踊ります。
  バリでは古くから、お祭りが行われる時、最初に踊られる演目で、花びらを撒くことで場を清め、
  神様や集まった 人たちに歓迎と祝福をあらわす踊りです。

 3、ヌラヤン〜漁師の踊り〜(細金久美、深石弘美)
  バリ島北部シンガラジャ地方発祥の漁師の踊り。
  バリのゴトンロヨン(相互扶助)の精神を漁師の生活を通して表現しています。
  協力しあって網を引き舟を漕ぎ、いざ大海原へ! 大漁目指して踊ります。

 4、宮廷舞踊レゴン・クントゥール〜白鷺のレゴン〜(スカルサリ:Yumi、いそべ晶子、五島章子)
  デヴィ・スリという豊穣の女神が、白鷺に姿を替え、地上に降り立ち、田畑に恵みを与えます。
  この世の平和と幸せを祈り、見守りながら、また天へと帰っていくという物語です。

〜テイータイム〜
 竹ガムラン『リンディック』の生演奏を楽しみながらご休憩ください

■2部
 1、チョンドン〜古典舞踊劇Gambuh(ガンブー)より〜(中野愛子)
  ガンブーはバリ芸能の源と言われる古典舞踊劇。
  パンジ王子と許嫁のチャンドラキラナ姫を物語の中心に、様々なキャラクター達がセリフを交えて踊ります。
  チョンドンは宮廷の女官たちを束ねる女官長として登場し、大切な姫のためにあれこれと気を配っては
  他の女官たちに指示を出しています。
  「さあさあ、姫様のお出ましよ!ちゃんと私の言うことを聞いて、姫様にしっかりお仕えするのよ!」

 2、アプサリ〜天女の踊り〜(佐味千珠子)
  シバ神とその妻ウマの物語をもとに、著名な古典舞踊家 Ni Ketut Arini氏によって創られました。
  この作品の中から、ウマの天界での様子を描いた踊りアプサリを、七音のガムラン『サイ・ピトゥ』の
  美しい音色でお楽しみください。

 3、スバック・プマッバック
    〜豊穣を祈り棚田の作業をする農夫たちの踊り〜(小原妙子、林田圭緯子)
  スバックとは、バリの世界文化遺産としても近年有名な、棚田の水路や水にまつわる施設などと、
  それを管理し作業する人々の生活共同体の総称。
  この作品は「神様を崇め、人々が助け合い、環境と共存し、みんなで幸せになる」というバリの宗教や
  哲学の教えに基づいたくらしを、元気に前向きに楽しく頑張るスバックの若者たちの姿を描いたもの。
  スバックに誇りを持ち、豊穣の神にデウィスリに祈りを捧つつつ、仲間たちと助け合いながら農作業する
  姿をコミカルに描いたもの。2009年発表の人気新作舞踊。

 4、オレッグ・タムリリンガン〜蜜蜂の求愛の踊り〜(近藤ゆま、Yumi)
  オレッグとはバリ語で身体を揺らす動作のことで、タムリリンガンは蜜蜂という意味です。
  雌の蜂が、花から花へと飛び回っているところへ、雄の蜂が登場します。
  初めはお互い様子をうかがっているのですが、次第に惹かれあっていきます。
  天才舞踊家マリオの作品で、美しいロマンティックストーリーです。

 5、ジョゲ・ブンブン(総出演・リンディック生演奏)
  リンディックの生演奏で、踊り手が次々と登場します。皆様一緒に、自由に踊りを楽しみましょう。

【時間】
 開場 14時半
 開演 15時
 入場料 予約2,500円(当日2,800円)ドリンク付き。

 ※ご予約は縄文・うさぎ スカル・サリ Yumiまでご連絡ください。
   tel:080-9298-8571
   yumi.sekarsari@gmail.com

  縄文うさぎHP:http://sekarsari.la.coocan.jp/page073.html

【場所】 
 縄文・うさぎ
 名古屋市緑区鳴海町前之輪45

 ★縄文・うさぎまでのアクセス
  ■JR大高駅〜徒歩7分
   (大高駅には普通電車のみ停車)

  ■名鉄鳴海駅〜徒歩15分

 ※縄文・うさぎ付近には駐車場はありません。
  大高駅周辺の幾つかのパーキングのみとなりますので、極力公共交通機関でお越しください。
  くれぐれも鳴海八幡宮の駐車場には車を停めないようお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■出演者プロフィール 当日演目出演順(写真も出演順)

【スアラ・スクマ】名古屋バリ・ガムラングループ

 2001年結成。主宰松井克宏。
 名古屋市千種区覚王山に専用スタジオを構え、ライブやイベント出演。
 創作舞台やオリジナル楽曲制作、日本の竹を使った楽器製作と演奏など、年間50本程のライブ活動を行う。
 一糸乱れぬガムランサウンドがスアラ・スクマの持ち味。
 未経験者でも親しめるようワークショップを随時開催。老若男女問わずメンバー大募集中!

 https://www.facebook.com/suarasukma758/



 ≪あいち でらバンブ−≫
  ガムラングループ『スアラ・スクマ』の松井克宏が主宰するプロジェクト『あいち でらバンブー』。
  古来、竹と共生してきた日本人。
  しかし時代が変わり、竹の文化は廃れていく昨今。竹林は放置され、荒れています。
  竹林整備のお手伝いをして頂いた「竹」を楽器や物作りなど様々なアートへと新たな命を吹き込んでいこう!
  今一度「竹」を見直すべく、多くの方と共に「竹」とふれあい楽しむプロジェクトです。
  豊田市や名古屋各地にて毎月ワークショップ展開中!

  https://www.facebook.com/derabamboo/

 ※当日は、写真の竹灯籠の販売もあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【スカル・サリ】

 1999年より名古屋にてバリ舞踊教室を開講。
 スカル・サリとはバリ語で「聖なる花」。
 古典舞踊、宮廷舞踊のレゴンから新作舞踊まで様々なレパートリーを持つバリ舞踊団として、
 愛・地球博をはじめ、 東海地区を中心に各地で公演を続けています。
 元気で楽しくなるステージをモットーに、名古屋の『縄文・うさぎ』を拠点に活動中。

 http://sekarsari.la.coocan.jp/





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【細金 久美】バリ舞踊企画・教室『サラスワティ』主宰

 日本大学芸術学部写真学科卒業。卒業後、扶桑社で雑誌や書籍の撮影の仕事に関わる。
 写真を撮りにふらりと訪れたバリに魅せられ、バリ舞踊を習い始める。
 1997年にインドネシア国立芸術大学舞踊科に留学。
 2000年に帰国後、バリ舞踊企画・教室「サラスワティ」を主宰。
 自主公演、客演を含め、幅広く公演活動を行い、踊りのジャンルも古典から新作舞踊、
 シリアスからコメディ系まで幅広く取り組んでいる。

 http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/567583/1011072



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【深石 弘美】バリ舞踊グループ「puspa warna(プスパ ワルナ)」主宰

 1996年よりバリ舞踊を始める。
 2001-2002年にかけてインドネシア国立芸術大学デンパサール校舞踊科へ留学。
 帰国後、バリ舞踊グループ「puspa warna(プスパ ワルナ)」を結成し関東、主に横浜で活動中。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【中野 愛子】

 バリ島で初めて目にした伝統舞踊に衝撃を受け、転勤で日本各地を転々としながら、
 バリと日本で踊りを学び続けている。
 なかでもバトゥアン村のガンブーに強く惹かれ、バリ島でも目にすることの少なくなった
 この芸能の魅力を、少しでも日本で伝えていけるよう修行中。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【佐味 千珠子】バリ舞踊『マニック・クスマ』主宰

 バリの伝統芸能に中学の頃に触れ、生命力あふれる舞踊やガムラン音楽に惹かれ1990年にバリ島へ。
 以後、東京やバリで学ぶ。
 バリ・ヒンドゥの儀礼が暮らしや芸能に密接につながり大切に受け継がれている様子を追い毎年バリへ通う。
 バリ各地の古典舞踊家やガムラン音楽家に師事。
 2008年より拠点を関西に移し、神戸、西宮、大阪にてバリ舞踊教室を開講。
 関西を中心に公演やイベントに出演する傍ら、ハ゛リの一大芸術祭バリアートフェスティバル(PKB)にも参加。
 バリ舞踊”マニック・クスマ”主宰。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【小原 妙子】

 20代でバリ舞踊に出会い、定期的にバリ島へ足を運び地元の指導者や踊り手に師事。
 その中で地元の楽団と共に芸術祭参加や公演活動も経験する。
 公演・イベント出演の他に、バリ舞踊教室、ワークショップ講師を積極的に引き受け
 民族舞踊の楽しさや可能性を広げる活動を目標にしている。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林田 圭緯子】バリ・クンチャナSanggar Tari Bali Kencana代表

 東海大学教養学部芸術学科美術学課程卒業。専攻は彫刻。
 1990年代半ばより、東京でバリ舞踊を学び始め、その後毎年渡バリし、長期滞在しながらバリの著名な
 舞踊家のもとに通い、本場の踊りの素晴らしさを真摯に学ぶ。
 美しくしなやかな女性舞踊から、力強くエネルギッシュな男性舞踊や、インドネシア拳法シラットの影響を
 受けた新作舞踊も踊る。
 近年では現代バリの最新舞踊や人気作品を自ら取材し持ち帰り、日本に紹介する一役を担う一方、
 創作舞踊や舞台公演等での演出や振り付けを担当したり、体重移動や体幹のしくみなどに重きをおいた
 解りやすいレッスンを展開し、東京、神奈川、名古屋、秋田などで後進の指導にも力を注いでいる。
 
 https://www.facebook.com/sanggartaribalikencana/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【近藤 ゆま】

 旅行で行ったBALIで踊りに出会い、バリの伝統芸能の素晴らしさに魅力され習い始める。
 いろいろなイベントに参加させて頂きながら、バリ舞踊の素晴らしさを伝えて行きたい、
 そして自分も楽しんで踊って行きたいと思い日々学び中。
 身体を動かすこと呼吸と心のつながりから、ヨガにも興味を持ち2006年YMCでヨガを学ぶ。
 現在ヨガスタジオでヨガを伝えながら心と身体の健康に向け、そして自分自身の踊りへも
 繋げて行ける様、さらに勉強中。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【Yumi (島貫 裕美)】バリ舞踊団『スカル・サリ』主宰

 1992年『劇塾』卒業後、新劇、オペラ、コンサート、ライブ、イベント活動など、様々な舞台に出演。
 日本舞踊の名取りでもあり、ミュージカルやダンスの振り付けも行う。 
 1997年にバリ舞踊と出会う。
 その後毎年渡バリし、バリにて著名な4名の舞踊家に師事し、バリ島滞在中は、現地舞踊団の
 メンバーとして、毎回ステージに立つ。
 1999年、バリ舞踊団『スカル・サリ』を結成。
 名古屋『縄文うさぎ』でバリ舞踊教室を開催するとともに、東海地方を中心にイベント・公演に出演。

 http://sekarsari.la.coocan.jp/




























■その他のお知らせ



スカル・サリ以外でも、関東地区のバリ舞踊家と時々公演しています。
阿佐ヶ谷バリ舞踊祭でもおなじみの代表作、トペン舞踊「ウィラ・ルバノ」などの作品を上演し
ています。


2005年東京神明宮 第四回 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭にて
 「スカル・イビン」 photo by Mebaru
●●

沖縄、那覇市奥武山公園内、沖宮境内で行われ
た、第6回うるま祭り2004 うるま十・十(トートゥ・ト
ートゥ)平和祭り『うるま奉納祭』にて 「ウィラ・ルバ
ノ」  photo by Takahiro Kohara

●●●
「ウィラ・ルバノ」2004年東京神明宮 第三回 阿佐ヶ谷バリ舞踊祭にて photo by Mebaru
スカルスカ
スカルサリ
主な過去の公演報告サリ

以下のリンクより、過去の公演活動報告をご覧いただけます。


1999〜2001年  2002〜2003年  2004年  2005年  2006年  2007年  2008年  2009年
2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年  2016年