第1話 「祭 り」

バリ舞踊だけではなく、ペスタ・ス二
(アートフェスティバル)では、この様
なコメディ劇も上演される。
これが大人気!客席に入りきれず舞
台のからも観ている人達。


お祭りの日、ワルンで休憩

料理を作るお母さん
(ホームスティ先)


クニンガンのお祭りの日。バロンの里タロ村に島中か
らバロンが集結する。
各村ごとにそれぞれ違った顔があるのが楽しい。写
真のバロンは、お供物を並べられて、『おいしそう!』
と言っているみたいですねえ。


祭りの正装

儀式の様子。バリでの祭りは、日本と違って
 楽しく騒ぐのではなく、神への祈りや儀式が
 何時間にもわたって行われる。


プラ・ダラムにて、バリス・ペンデッの奉納舞。村の男の子達が、
この日のために毎晩練習してました。まだ小さな子が、踊りたそ
うにして、お兄ちゃん達の後について一緒に稽古していたのが
印象的でした。


第2話「先生の思い出」へ

エッセイのindex pageに戻る