第2話 「先生の思い出」

バリで知り合った友人の先生だったイブ・ジェロ。
今年で73才という年令にはとても思えないほど若
々しく、初めてその踊りを観た時、その場でくぎづ
けになってしまい、まばたきも忘れて魅入っていた。

  あまり夢中になっていたので、『おまえは踊りをや
るのかい?踊りを見せなさい』と言われ、その時習
っていたトルナ・ジャヤを踊ると、イブ・ジェロは大き
くうなずいて、『この踊りには色々な表情があって、
それを表現しなくてはいけない。色々な表現がある
のだよ!』と私の顔をじっと見て、『私の所へ習いに
きなさい』と言われたのでした。

イブ・ジェロには、今ではバリ島でもう踊られていないという古典の踊り、そし
て初めて観た時から忘れられなかった大蛇の踊りを習い、帰国の時『ユミ、
日本で必ずこの踊りを踊ってくるのだよ!』[私達は踊りを愛している。何処
の人とか国とか、関係ない。踊りを愛しているという事に国境はないんだ] と
いう強いメッセージを貰いました。

 今でも、イブ・ジェロが踊ってみせて、私がはーっと魅入っているのを見て、
にこにこしながら『これがやりたいかい?うんうん』とうなずいていた様子を思
い出します。踊りは心で踊れということを教えてくれた人です。 

カデさんは始めてバリで習った先生。繊細で大変
女らしい。分からない言葉があっても、とても気が
合うので、お互いすぐに理解出来てしまうのです。
『えーと、これはなんて言うんだっけ?うーん. . . .』
『 うん!』『あれれ、まだ何も言ってないけど. . . 』
という具合。よく夜2人で語り合っていました。

ここの家には小さな子どもがいて、いつも楽しく稽
古のじゃま?をしてくれます。踊っているのに、だ
っこしてーとか。でもこの子がかわいくて、私が日
本の童謡を教えると、よろこんで毎日くり返し『歌
って〜!』とせがまれていました。

舞踊団の衣装を縫っているカデさん。とても器
用で、センスがいいのです。
この子ですよこの子!ひざに乗っているのが
マデ。ある日転んでしまって泣いていて、バリ
ではそんな時『ウオーンカカウォンカルーーー』
というおまじないを言うのですが、私が『痛いの
痛いのとんでけ〜!』と日本語で言うと、何が
起こったのか、大喜びで、その日以来痛くもな
いのにこれを言わされていました。
『痛いの痛いのとんでけ〜!』『キャー!!!』
という具合。???

ホテルに公演に行った時の様子。私が始め
て舞踊団で踊る時、
前日になるまで、この時踊る曲を稽古しても
らえなくて、突然カデ
さんが『ユミ明日踊るよ』と言い出し、驚いた
ものです。  この写
真は一緒に写っている日本人の彼女にもら
ったもの。



イブ・ジェロの迫力パワフル系の踊りと、カデさんの、しなやか
綺麗系の踊り。まったくタイプの違う先生に習えた事で、今の
私のスタイルができました。といっても、芸術にはこれで完成と
いうことはありません。
また今年も行きますよ!バリ島。(製作時、2000年、春)



第3話「ガムランの渦の中で」へ

エッセイのindex pageに戻る