第3話 「ガムランの渦の中で」



バリといえば、ガムランを紹介しない訳にはいかないでしょう。ガムランは
村ごとに一つずつグループがあり、祭りの時などに演奏されています。

さて、ガルンガンの祭りが近づいたある夜、村のバンジャールでガムランの
練習があると聞いて見に行った。
すると、まだ3人しか集まっていなくて、そこに居た人に、「まだみんな来てな
いから、ほら、練習練習」と言って、楽器を指さして、パングル(楽器を打つ
かなづちみたいな物)を渡してくれるので、見に来ただけなんだけど、まあい
いか、まだ始まらないみたいだし。と思い、隣の人の演奏するのを見様見ま
ねで演奏していると、しばらくして、少し人数が増えてきたな、と思った矢先、
いつのまにか全員集合していて、さっきまで演奏していた曲がいきなり大音
量の竜巻き状態になり、楽器のほぼ中央に座っていた私は、抜けることも出
来ず、まわりの音を聞き分け、 必死に叩き続けました。曲も知らないのに、
出来るわけないじゃない!と思ってはいるものの、もうやめられない。隣の
演奏を見ては、叩きまくる。

始めは訳が分からなかった旋律も、実は何かの法則があるように思えてき
た。ようやくそんなことを考え始めた頃、演奏は終わった。ぴたりと止んだ音
の後に、ぐわ〜んとかん高い耳鳴りがしている。

すごい、すごい!パングルを持って呆然としている私に、隣に座っていた男
の子が、にこりと笑った。時計を見るともう11時半になっていた。私は夜8時
からずっとここで、音の洪水の中にいたのだ。ふらふらと立ち上がって見上
げた夜空に、巨大な満月が光っていた。
               
次の練習の日は、舞踊団で公演がある日だった。踊り終わって、急いでメイ
クを落とし、またバンジャールへ。「今日は見に来ただけだから」そう言って
いるのに、わざわ
ざ楽器を持ってきて「おー!、これをやれ〜!!」と言ってくれて、けっきょく
参加。終わると、「明日もあるぞ!」と声をかけてくれる。この楽しい練習に、
すっかり病みつきになった私は、それから祭りの日までのすべての練習に
通う日々となったのでした。
 


そうして迎えた祭りの日、正装して、 みんなすごい男前になったみたい。ガ
ムランの演奏が始まると、みんなの顔を順番に眺めては、妙にニコニコして
しまう。もちろんちゃんと演奏出来ないけれど、曲は覚えているので、演奏を
聞きながら、う〜ん次はあれだ〜、ここからは難しいぞ〜、などなど、頭の中
ではしっかりメロディーがインプットされている。
みんながんばって!

今まで聴いているだけだったガムランの演奏が、演奏して
いる人達の様子まで分かってしまっている今、もう、ただの
音楽ではないのです。



これは結婚式でグンデルを演奏しているところ。
グンデルは、他の大人数で演奏するガムランと違って、二人で演奏したり、
主にはワヤン・クリッの影絵芝居の曲を演奏します。



ガムランといっても、いくつか種類があるので、ここで少し紹介しておきましょ
う。一般的に舞踊で演奏されるのは、ゴン・クビャ−ルという種類のガムラ
ン、(クビャールは稲妻の意味)稲妻が駆け抜けていくようなイメージですね。
他には、繊細でキラキラした印象のスマルプクリンガン、重低音のゴン・グ
デ、他の5音階のガムランと違って、4音階のガムラン・アンクルン、静かなサ
ロン、などなど。


巨大な竹のガムラン、ジェゴグ



こちらは同じ竹でも小さなタイプ、ティンクリックやリンディックと言われる楽
器。写真はジョゲット・ブンブンの様子。(ブンブンは竹の意味)かなりのセク
シーな踊りが展開されるので、大騒ぎが起こる村のイベント。
踊り子さんにおとうちゃんを連れていかれた子どもなんか、わんわん泣き叫
んでいたり。とにかく、すごいです。


普段の家での稽古風景



第4話「サディン先生との出会い」へ

エッセイのindex pageに戻る