第4話 「サディン先生との出会い」

2000年、バリ島での新たな出会いは、今までの人生の中でも、もっとも思い出深い
ものの一つとなりました。

今回私は、いくつか習いたい演目の中に、トペン(仮面舞踊)があり、前回習った先
生イブ・ジェロに、「さあ、今回は何が習いたいんだい?」と言われ、私は「ジャウッ
ク・マニスが習いたいのだけど・・・」と言うと、「そうか・・・ではジャウック・マニスの
一番良い先生を紹介してあげよう」と言って、「ここに行きなさい」と、名前と住所だ
けが書かれた紙を手渡されたのです。

ベテラン大先生のイブ・ジェロの紹介となると、どんな恐ろしい強烈な先生が待って
いるのではないか?と、内心ヒヤヒヤしていたのですが、とにかく会いに行く事にし
ました。

住所を辿って行った先で、「すみません、グスティー・アグン・オカ・サディンさん
は・・・」すると、なんだか迫力のある、がっしりとした男性が登場し、「なに?ジャウ
ック・マニスを習いたい?いったい何の踊りが踊れるんだ?」と言って、いきなりア
グムのチェック、各踊りのテストが始まり、音楽もない中、ず〜〜っと踊っていまし
た。何曲も。

さて、始めはすごい怖い先生なんじゃないかと思ったのですが、帰る時にはもう大
好きになってましたね。「じゃ、明日から稽古だ!」そんなわけで、私はサディン先
生の弟子となりました。


ジャウック・クラスを踊った時のサディン先生
 

サディン先生は、今年75才なのです。年令からいえば、おじいさん。でも、このひと
のどこがおじいさんなのだ!??繊細な動き、迫力、身のこなし。本当に踊り、芸
を愛してるんだな、と感じました。

だから妥協も許さない!常に真剣!そして遊びも忘れない。観客が喜ぶ場面に
も、すごくこだわりがある。私が演じた部分を、「う〜む、ではこうやってごらん。う
ん、そうだな、ん?そうか、そうだそうだ!わはははー!!!」

日が経つにつれ、私達の稽古の様子は、段々踊りを習っているのだか、お笑いコ
ントのネタ作り現場にいるのだか?という具合になっていき、とにかくよく笑った。ず
っと笑ってましたね。

そもそもこの曲には、決まった演奏が付いていないので、上演される時には、踊り
手が指揮者役となり、動きに合わせてガムランが演奏する、というものなので、役
者によってすべて振りが違うのです。

そして、中でもサディン先生のジャウックは、もうこのひとのオリジナルだと言われ
るくらい他の踊り手とは違うと言われていました。

そうです、この時点で気付いていなければならなかったのですが、この曲の演奏さ
れているカセットテープが無い事に・・・。


ジャウック・マニスのお面と一緒に
素顔のサディン先生
 
踊りの稽古もかなり進んだある日、私が「カセットは何を使えばいいですか」と尋ね
ると、「ん?そんなものは無いぞ、演奏はガムランがやる」との答え。「でも、私の住
んでいる所にはガムラングループがいないので、カセットが無いと日本で上演出来
ない」と言うと、それでは演奏してもらわなくてはいけないということで、この曲をレ
コーディングすることになったのです。

それからが大変でした。バリ島はガルンガン、クニンガンの祭りを控え、大忙しの
時期で、演奏者は集まれるのか?どこでやるか?と、一時はもう今年は無理だ。と
言われていたのですが、たくさんの人達の協力で、無事レコーディングは終了しま
した。

この時はサディン先生自ら踊って頂き、その先生の踊りに75年間という年月を経て
表現されるとても重みのあるドラマを感じました。
集まった人達の口から「この先生がこうして踊るのは、これが最後だろう」と言わ
れ、握りしめていた手が熱くなりました。

先生と出会ってからの2ヶ月という短い間に、驚くほどたくさんの感情や、経験、そ
して芸術に対する純粋な思いをあらためて感じ、私はサディン先生には踊りを習っ
たのではなく人生勉強をさせて頂いたと思っています。

「この踊りを初めて人に教えた。わたしの生徒だ」と言われた先生。         
            
帰国の日に、大声で笑いあって、別れを告げてから、見えなくなるまでずっと立ち尽
くして手を振ってくれていた、寂し気な姿を思い出すたび、大粒の涙があふれてきま
す。
これが私の、ジャウック・マニス・ロンゴール



第5話「雷雨のキンタマーニ」へ

エッセイのindex pageに戻る