第5話 「雷雨のキンタマーニ」


バリ島には、キンタマーニという村がある。そこからバトゥ−ル山という活火
山と、山裾に広がるバトゥール湖を見ることができる。

98年に始めて訪れた時、山に近づくにつれ段々雲行きがあやしくなってき
て、火山が見える場所まで辿り着いた時には、凄まじいスコールとなり、強
烈な雷の音と共に、山全体を覆った。

その激しい雷雨に、山の木々は大きく揺れ、その動きを見ているうちに、ひ
とつのリズムを感じた。ごうごうと揺れ続ける植物達、立ち上る火山の煙、そ
こにたたきつける稲妻。
この森は生きている。すぐにそう感じた。今にもあの木々の間から、恐竜が
姿を現わすのではないかと思えるほど、この時の風景は、まったく原始の森
のようだった。この場所全体が、強力な“気”で包まれている。

すごい・・・!!地球上にまだこんなところが残っていたんだ。激しい雨とはう
らはらに、雨にうたれている木々は、やさしく、とても楽し気だった。まるでこ
のリズム、音楽を楽しんでいるように。

体中から鳥肌が立って、自然と手が動いてしまう。手のひらを木や山や空へ
向けたくなる。これって、気功?でも、これって・・・。この時のもっとも気持ち
の良い動きは、バリ舞踊。まさにバリ舞踊の動きこそ、この空気にもっともぴ
ったりと調和していた。

この場に来てよかった。私はこれを見るために、バリに来たのではないかと
さえ思えるほどだった。よかった。

雷雨と共に叫びたくなる気持ちを抑えられない私は、冷えてきた山の気温も
忘れて、濡れながらこの生命の森を見ていた。 



99年。再び訪れたキンタマーニ。以前の感激が忘れられなくて、また来てし
まった。

ところがその日は雲一つない快晴。去年と同じ場所に立って、同じように山
を見る。・・・違う。あまりの静かな情景に拍子抜けしてしまった。これでは普
通の山と湖。あの沸き立つような生命感はどうしてしまったんだ。こんなこと
なら来なきゃ良かった。いつまでもあの原始の森が生き続けていると思って
いたのに・・・。

森はまるで眠ってしまったようだった。



2000年。始めて見た時のキンタマーニの様子を友達に話したところ、どうし
ても見てみたいと言われ、3度目のキンタマーニを訪れることになった。
内心またがっかりすることになるかもしれない、との思いはあったものの、こ
のまま、何処か穴でも空いてしまったような思いを持ち続けるのもいやだと
思い、出かけていった。

連れて行ってくれた近所のおじさんは、以前とは違う場所から山が見渡せる
ところへ車を止めた。いきなり目の前にそびえるバトゥール山!友達が大声
をあげた。
「すごい!すごい!!」たしかにこれは凄かった。
もちろん雷雨の時のものとはぜんぜん違うのだけど、偉大な貫禄のある山
がそこにいて、たしかに森は生きていた。

また違った、あらたな良さを発見した私は、また次回もここに来た時、この山
はどんな顔で迎えてくれるのか、とても楽しみになっていた。 



第6話「バリで起こる不思議な出来事」へ

エッセイのindex pageに戻る