第21話「ルバノへの道」


2003年の年末から、「ウィラ・ルバノ」というトペン(仮面舞踊)を習う為に、バパ・
ジュアナのところに行った。
この踊りは、バリがオランダ統治時代、バリ島にやってきたオランダ兵が、インド
ネシアのシラット拳法を習う様子を表したもので、ルバノというジャワの片面太鼓
の演奏が印象的な、コントあり、シラット拳法ありセリフまである、とても不思議な
踊り。
オランダ兵なのに、バリ人から観た明るい発想で、まるでドリフ!という印象の作
品である。
私が2000年のバリ、アートフェスティバルで行われていたのを観て、衝撃を受
け、とても印象深かったのだが、群舞で踊るこの踊りは一人では踊れないし、完
全に男型が出来ていないととても難しい踊りなので、いいなあ。と思いながら上
演出来ない演目だと決めつけていたのだが、私の東京の友人、わのんさりさん
が、「どうしてもやりたい!一緒にやろう」と言って、バリに捜索願い?まで出し、
ついに先生まで見つけてくれたのだった。

バパ・ジュアナは、アルジョという舞踊劇の役者や、お笑い仮面舞踊のボンドレ
スなどで、バリTVでも活躍中の大変忙しい踊り手だった。
踊りの稽古を朝10時に約束して、家まで行くと必ずバパ・ジュアナは寝ている。
なにしろアルジョの上演時間は、通常夜9時や10時頃から始まり、深夜2時、3時
頃ようやく終演するというもので、それからメイクを落としたり片付けをして帰宅
するまでには、そろそろ夜明けが近くなっているのである。

初めてこのアルジョの公演に連れて行ってもらった時、大きなワゴン車にみんな
ギュウギュウ詰めにのり、バパ・ジュアナの激しい暴走横揺れ運転に耐えなが
ら、踊りが行われる場所まで向かった。

舞台裏で役者さん達は、さっと自分のメイク道具を広げると、てきぱきと支度を
始める。見ていると、通常の踊りのメイクより、随分しっかり付けるんだなあ....と
思って、あ、そうか、みんな男だから顔の地の色を完全に隠してしまうためにこ
れだけの下地がいるんだ。

アルジョの場合、日本の歌舞伎と同じで、役者は女役も全て男性が演じるので
ある。
目もぱっちり、ほお紅もしっかり入れて、わあ〜、綺麗!!これはかなりみとれ
てしまう....。
さっきまでのおじさま達は何処へ行ったの??もう、すでに原形が分からない!
そんな感じの人達も何人かありました。

そして、吾が先生ジュアナさんは....おおっ、若い召し使いの娘役になっているで
はないか!?
う〜む、いつもの姿からは考えられない。てっきり男役しかやらないのだと思って
いた。
あんまり変わっちゃってかわいいので、直視できないくらいちょっと驚いてしまっ
た。
なにしろ、以前バリスのコンテストで一位を受賞したこともある男前なのだから。

そして、物語が始まった。ストーリーは、たいてい王宮でのたわごとがほとんどだ
か、細かいところで色々と笑わせてくれる娯楽である。
セリフがバリ語なので、細かいことは分からないのだが、役者がすばらしいの
で、とてもおもしろい。大御所ベテラン役者さん達の演技もすごい。
ほんとに、話した内容が分からなくても大笑いできてしまう!!
4〜5時間の上演時間も、かなりあっという間に過ぎていってしまった。

そうとうのめり込んで観ていた私の様子が、役者さん達には笑えたようで、上演
が終わってから、みんな私を見て手をバグースのサイン(握って親指だけ立て
る)をして、にか〜っと笑っていた。
ああ、面白かった。こんなにすごいのが観られるなら、毎回でも連れていってもら
わなきゃと思ったのだった。


ちなみにこのアルジョのグループは『プリンティング・マス』
ガムランの演奏もすばらしい!


その後、家に辿り着くと真っ暗で、静かにそーっと門をあける。
と「バウワンワンッ!!!」うちの犬のジャガーが吠えている。
「ああ、私だよ〜」と言って、ジャガー(な〜んだ)という顔でまた戻って行った。

翌朝、ルバノの練習に行くと、当然、バパ・ジュアナは寝ている。
そして、その後も毎回練習はいつもこの通り。
どうせ10時に始められないなら、最初から時間を11時にすればいいのに...。
と思ったりしたのだが、その場合、やはりその予定時間から1時間は遅刻されて
しまうのである。仕方ない。
そして、バパ・ジュアナが起きて支度が出来るまでの間の時間、私は先生の子ど
も達と遊んでいた。

素敵なおねえちゃんのユナちゃん、恥ずかしがりやのカデくん、まだ10ヶ月のコ
マンちゃん。
みんなすごいかわいくて、最初は人見知りしていたが、3日目くらいの時、バパ・
ジュアナを待っていた時に、部屋でユナちゃんがテレビで踊りを見ていた
ので、一緒になって見てたら、ついつい手が踊ってしまった。
するとユナちゃんがすっとキパス(扇子)を渡して、小さな声で「踊って」と言うの
で、踊っていた。

一曲終わって、椅子に座ると、また別の曲が始まり、すると「これも踊れる?」と聞
かれ、「うん!」「踊って〜」そして、また踊り始めると、途端にユナちゃんの目が輝
いて、それからすっかりお友達になりました。
ルバノの男の踊りしか見ていなかったので、女の踊りを踊るのがびっくりだった
のだろう。

その日から、私がルバノを踊っていると、いつのまにかユナちゃんとカデくんが後
ろについて、真似していつも一緒に踊るようになっていた。
踊りの中の拳法や、かけ声をかけるシーンとか、大騒ぎ。
ルバノは難しく大変だったが、いつもジュアナ家のみんなに会えると和むので、
遠い道のりも、通うのがとても楽しみだった。



左から、カデくん、ユナちゃん、コマンちゃん


滞在先からジュアナ家までは、自転車で40分ほどかかっていた。
そうそう、この自転車、最初に借りたのが、恐ろしくペダルの重い、まるで鉄下
駄!というようなハードな自転車で、しかも初めてジュアナ家まで走った時、途中
で前も見えないくらいの、もの凄いスコールが降り出し、止まってても仕方ないの
でそのまま走り続け、辿り着いた時には、それはそれは全身ずぶ濡れ。
みんなに「バッサ〜〜!!」(ずぶ濡れ〜)と言って笑われていました。
ちょうど時期が雨期だったので、このスコールには度々遭遇した。
いつもは行きには東から照りつける日射しに右側の体と手の甲がじりじりと焼
け、そろそろ疲れてくる頃に、ふっと視界に清々しい田園風景が広がってくるの
である。

ジュアナ家の近くまで来ると、いきなり今までと景色が変わる。
あまりに美しいので、時間がある時には止まってしばらく眺めていたりしていた。
この景色との境界線あたりに、いつも路上で熱帯魚を、金魚すくいのビニール袋
みたいなのに入れて売っている屋台があって、毎回すごく気になっていた。
この暑さであんな小さなビニールに入れて、魚は大丈夫なのか??
しかし、ちゃんと売れているようで、毎回出ている魚の顔は変わっていた。

その道を曲がるとちょっと横にはいつも牛が寝そべったりしていて、これもまた
毎回「牛さ〜ん!」などと言いながら通り過ぎていた。
次に現れるのが兵隊さんの格好をした案山子!これはおかしい!!ここまで来
ると安心して、ジュアナ家までの直線道路を楽しむのである。
最後に見えるピンクの割れ門、ここを入ってラストスパートの短い上り坂。そして
左に曲がるとジュアナ邸である。



路上の熱帯魚売り

牛さん

 

案山子の兵隊さん


この道のりの往復、そして、例の鉄下駄自転車のおかげ??で、3週間経って日
本に帰る頃には、私はかなり筋力が付いていた。
日本に帰る日が近づくと、家のおばあさんが、「いつ帰るんだい?もうここに居
な」ジュアナさんの奥さんもそれを聞くと、「帰るの!?日本に?もう、うちに居な
さいね!」と言ってくれていた。

こんな毎日とアルジョ漬けの日々、アルジョも、日によってはかなりお笑い要素
の強い、若手役者達の上演演目のものなど、いろいろあった。



中にはこんな役者さんも


ある日、バパ・ジュアナが若い王子の役で出て来た時、私の中ではこれが彼の
はまり役だなと思った。
王子の身の軽い機敏な動き、声、どれも生き生きしていて、動く度に金色の粉が
舞い散るようだった。いつまでも観ていたかった。



召し使いの娘役のバパ・ジュアナ

こちらは王子役の時


滞在最後の日、ルバノの踊りをやり終えた!と思った途端、もの凄い雷とスコー
ルが降り出した。これはすごい!!
バパ・ジュアナが、「これじゃ帰れないから、止むまで待っていなさい」と言って、
私は最後の時間を、ユナちゃん、カデくん、コマンちゃんと遊んで過ごした。
雨はなかなか降り止まなかった。
奥さんがお昼ご飯を出してくれて、これがまたおいしかった!
「おいしいよ〜」と言うと、「ほんと?ほんとに?」と、いきなり上機嫌になりまし
た。
3時間ほど過ぎた頃に、ようやく雨が上がり、「じゃあ、行くね!」と言うと、「また
来るんだよ!」とみんなが言ってくれる中、カデくんだけは一言も口をきかず、ぎ
ゅっと歯をくいしばって目に涙を溜めていた。
ああ、カデくん、寂しいなあ。
「またね、またね!」
そう言って家を出て、振り返ってもまだカデくんは立ち尽くしていた。

ああ、また来るからね!!


 
この道を左に入るとジュアナ邸


そして、この時習った踊り「ウィラ・ルバノ」はその後わのんさりさんの呼び掛けに
より集まった、東京地区を中心としたバリ舞踊の先生や留学生などからなる6名
のルバノ隊を結成し、2004年8月には、第3回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭で6人がデビュ
ーを果たし、10月には沖縄公演にも出演という流れになったのである。

ルバノは踊りが踊れれば出来るという演目ではない。
特に今回集まったルバノチームの真剣さと団結力、時には意見を言い合い白熱
し、そして、みんなが楽しむ事。平和を祈る気持ち。そんないろいろなことが、毎
回どんどんルバノ隊を成長させている。
振り合わせのために、東京のルバノ練に行く度に、毎回熱い想いが湧いてくる。
こんな出会いを作ってくれたすべてのものに感謝。

そしてまた、私は踊り続けることができるのだった。
みんなみんな、愛してるよ!!

 

ルバノ隊、左からKumio、Wanonsari、Yumi、Jun、Tae、Topi 阿佐ヶ谷にて


ルバノ隊こと、”Teman Teman Rebana”一同からのピースメッセージ

『みんなの心の中に感動の花を咲かせたい』
そう願いながら、私たちはインドネシア・バリ島の踊りを踊っています。

私たちが踊りを観る時、いつも感動と驚きを感じます。
そして、何か大事なものをもらったような気がします。

今、この縁に感謝しながら、
生きる喜びをわかちあえますよう・・・

心に花を! 心に笑いを!


ルバノ沖縄公演『うるま祭り2004』にて



photo by Takahiro Kohara




エッセイのindex pageに戻る