第6話 「バリで起こる不思議な出来事」


バリはよく“神々の住む島”と言われているが、バリ・ヒンズー教では、全ての
ものに神が宿っている、という考え方をしていて、生物はもちろん、物だろう
が何だろうが、この世に存在するものには全て神が宿っている。島の人々
は、朝、夕と常に神様に感謝の祈りを欠かすことはない。そして、実際、何
か困った事が起きた時など、必ず不意に助けになるような事があったりす
る。そしてまた感謝する。島のあらゆるものには、全て神が宿っていると、生
まれた時からずっと信じて疑わない。

そんな思いで生活する人々の集まっている島。だからこそ、バリでは樹木や
花、空、その他色々な、ありとあらゆるものが、とても存在感があり、意志を
持っているよう、まさしく何かが宿っている、といったところだ。

バリ島では、不思議な事が起こる。長く滞在したことのある人なら、少なくと
も、一つや二つはそんな経験をしているという話しを聞く。           
           
私にも、色々な不思議な事や、どんな困った事が起きても、必ずすぐに助け
になるような事が起きていた。偶然の出会いなどもたくさんあった。けれど、
それらすべては偶然かもしれないけれど、偶然ではないと思っている。こうな
るようになっていた。一番良い状況になるように、仕組まれていたとしか思え
ない。

たくさんあるエピソードの中から、一つお話します。


毎日供えられているチャナン

私が踊りを習うことになった先生、イブ・ジェロの家は少し遠いので、歩いて
通える距離ではなく、ホームスティ先の、使われていなかった古い自転車を
使わせてもらうことになった。

試し乗りも兼ねて、最初にその自転車を借りて、少し離れた友達の家まで行
ってみた。住所だけ教えてもらって、遠かったので一度も行った事がなかっ
た。

無事辿り着き、帰ろうとした時、タイヤがパンクしている。しかたないので、
自転車を手で引きながら歩き出した。こんな初めて来る道なのに・・・。

しばらく歩いていると、突然走って来た車から、「ユミー!!!」と叫び声がす
る。びっくりして振り返ると、去年知り合ったマス村に住んでいる友達パンデ
ィ。

「なんで!?いつバリに来たの?どうして連絡くれないのー!!」
「したよ!電話 、でもいつもつながらなかった」
「ほんとに?ほんとに?」と、泣きそう。うれしかった。
「よかった、でも会えたもんね!」
「えー!でもなんでこんなとこにいるのーっ!!」

再会の驚きで大騒ぎしていたが、ふと、パンクした自転車を見て、「このまま
歩いて帰るの?修理する所はないかな?」と言ってくれた。けれど、近くにあ
るかどうか分からなかったし、パンディはその時、何人かの友人と一緒だっ
たので、また明日会う約束をして別れた。
その時、「ユミの家なら、こっちから行った方が近いよ」と、別の道を教えても
らった。

進路を変えて進んでいくと、今度は後ろからバイクのエンジン音。そして「ユ
ミ〜!」と叫ぶ声がする。見ると、ホームスティ先の先生の旦那様ではない
か。
「あ〜っコマンさん!自転車パンクしちゃったの〜」そう言って立ち止まると、
コマンさんは
「じゃ、ここで直して帰ろう」
「え?何か道具持ってるの?」
すごい、なんて用意がいいのだと感心しかけた私は、次の瞬間ボー然となっ
た。なんと、たった今立ち止まったその場所は、バイク修理屋の店の前。

呆気にとられている私をよそに、みるみるパンクは修理され、「じゃ!」と言
い残して、コマンさんはバイクで走り去っていった。
 

バリの小道

それから、私はこの自転車と共に、毎日踊りの稽古に通う日々が続いた。
そして、明日が帰国の日となり、最後の稽古を終えて帰って来た。
夜が明けると、家の人達が騒いでいる。
「ユミ!ユミ!自転車が大変だ!」
見ると、タイヤの外側のゴムの部分が裂けて、中から空気の入ったチューブ
が、その裂け目からピンポン玉より大きな固まりのボール状に飛び出してい
た。なんだか凄い状態。
みんなはその様子を見て、「この自転車は自分の役目が終わった事を知っ
ている」と、口々に言い出した。

私が来てから、毎日かなりの距離を走り続けていた自転車、この古い自転
車は、がんばっていたのだ。今日からは、もう 稽古に出かけることもない。
やっと休むことができる。

そうして、でも、今までのがんばりを、ちょっとばかり主張しているかのよう
に、飛び出したチューブのボール。「そうか・・・今までありがとう」。その様子
を見ていると、とてもありがたいもののように思え

てきて、心の中で、何度も何度もお礼を言った。“自分の役目が終わった事
を知っている”こんな言葉も、何の疑いもなく、さらりと言い合っているバリの
人達。

日々の生活の中で、どんなことに対しても感謝の気持ちを持ち続ける。
こんな人々が生きている限り、バリ島は、バリ島であり続けていくのでしょう。
 
 
学校帰りの子どもたち

私はヒンズー教徒というわけではありません。でも、この何かしら大きな力を
感じずにはいられません。信じるとか信じないとかではなく、起こっている事
は事実なので、それを素直にありがたいと思っています。
日本語にすると、とりあえず神様という言葉を使ってしまいますが、 『宇宙全
体を動かしている生命エネルギー』、私にとっての神様観はそんな感じで
す。

ここに居ると、特に強く宇宙を感じます。バリ島に居る私ではなく、地球に居
る、宇宙に居る自分をはっきりと感じます。それは、とても大きな安心感で
す。


第7話「マデのクンティール病」へ

エッセイのindex pageに戻る