第7話 「マデのクンティール病」

以前にも紹介した、ホームスティ先の男の子マデ。彼は大変な踊り好きなの
です。いつも私の踊っている様子を見ては、一生懸命まねして踊り出す。
動きは無茶苦茶なのに、キメの部分はしっかり出来ているのはさすが!そし
て、なにより音楽のイメージをしっかりつかんでいて、「ここは悲しいところ」と
か言いながら、踊っているのです。
実に、将来が楽しみ。そんな彼に起こった2000年、3才の夏の出来事。
 

このカゴの中でないと眠れないおかしな犬ジャガーとマデ

いつもの様に踊りの稽古を見ていたマデは、今までに感じた事のない思いを
体験したのだろう。これまでにたくさんの踊りを見てはいたのだが、この日か
ら始まったレゴン・クンティールの踊りに、すっかりはまってしまったのだ。

毎日毎日欠かさず稽古を見続け、それでも足りなくて、踊り終わってからも、
ずっと「クンティールの曲をかけて〜!」という状態になっていき、そのうちに
は、朝起きた時から夜眠るまでの間、マデの口からは「クンティール!クンテ
ィール!ねぇクンティールを踊ってよぉ〜!」いったい、一日のうちに何度ク
ンティールという言葉が出てくるか、もう数えきれないのです。

この曲は25分のとても長い曲で、にも関わらず、3才のマデは踊りの構成を
しっかり覚えてしまい、自分のお気に入りのシーンが近づくと、「次はスレン
ダンを持つところっ!ほら、ほら、はあーっスレンダンを持ったぁ」と、うっと
り。

この様子には、まったく踊りながら笑ってしまいますよ。二人の王子の戦い
の場面になると、「今レゴンは怒っているんだねぇ、怒ってるねぇ」最後のシ
ーンが近づくと、「今悲しいのね!かなしいねぇ〜」と、自分も悲しい顔になっ
て、「チュプマニはどうなったの〜」と、物語りの行方を気にしている。

こんなマデは、「ユミと一緒に日本へ行ってクンティールを踊るのっ! 明日
になったらクンティールが踊れるようになっているから!ユミと踊るの〜っ
っ!」と言い出し、 その“明日”のために、今日も踊り続けている。
 
さてさて、マデのクンティール病は、その後どうなったことか?私が日本に戻
ってきて、1ヶ月ほど経ったある日、バリの家に電話してみた。

するとカデさんが、「ユミ〜、マデ・アレッニャー、サンペイスカラン、トゥルー
ス、マシ、クンティール、ヤ」(ユミ〜、マデ・アレッはあれからずっと今まで、
まだクンティールなのよ〜っ)と。

はたして、マデの“明日”は、いつやって来るのであろう。
 

これがレゴン・クンティール。カデさんと。



第8話「バリの長い夜」へ

エッセイのindex pageに戻る