第8話 「バリの長い夜」


「日本では手で運命を見るのがあるんでしょう?」ある夜カデさんがそう言っ
て手のひらを見たので、おもわず 私も手を見る。

じっ・・・。「ユミ、手が一緒・・・!」
そう言うカデさんと私の左手のひらは、生命線、感情線、頭脳線と、その辺り
のけっこう細かい筋まで、まったくと言っていいほど同じ線が描かれていた。

以前からカデさんと私は、どうも他人とは思えないところがいっぱいあって、
時々同じ事を考えていたりするし、顔を見ただけで、なにを思っているか分
かってしまう。

そんな私達は、「気が合うね〜」と話してはいたけれど、まさか手相がまった
く同じなんて!「この、手に描かれている線で、運命が分かるんだよね〜」
と、いうことは・・・。そして、またまたバリの長い夜が始まるのである。
 


カデさんと話しはじめると、本当にいつも時間を忘れてしまう。暗くなってから
話しはじめて、気がつくと夜11時をまわっていたり、という具合。そんな時カ
デさんはきまって、はっと時計を見ると、「さあユミ〜、今日はもうここまでで
十分ね。明日、また続きを話しましょうね〜」この時の口調が、まるで小さな
子どもに、夜まくらもとで絵本を読み聞かせていたお母さんが「はい、今
日のお話はここまで。また明日、 続きを読みましょうね〜」と言って、ぱた
っ。と静かに本を閉じるような雰囲気なのです。

これを聞くと、なんとなくふわふわと、よい気持ちで眠りにつけるのでした。


第9話「バナナ事件」へ

エッセイのindex pageに戻る