第9話「バナナ事件」


イブ・ジェロのところで踊りの稽古をしていると、途中の休憩の時、いつもコ
ピ(バリコーヒー)と、なにかお菓子を出してくれていたのですが、ある時その
コピと一緒に、バナナをごちそうしてくれた。そして、「おいしいかい?」と尋ね
るので、「はい!」と答えると、「そうか、ユミはバナナが好きか!」と言って、
次の稽古の時から山のようにバナナを出してくれるようになった。

「日本にはバナナの木はあるのかい?なに、輸入ものか。なかなか食べら
れないだろう?バリにはたくさんあるから、どんどん食べなさい」と。

その時は、私もにこにこ笑顔を浮かべながら、出してもらったバナナを食べ
ていた。しかし、これが毎日続くのである。もちろん、バナナも新鮮なうちなら
喜んで食べます。でも、日によっては、もう痛みまくって黒くなってしまったバ
ナナも登場するし、とにかくイブ・ジェロは、私のために、毎日欠かさずバナ
ナを用意してくれていた。

そんなある日、
「ユミ、今日はバナナはないんだよ・・・」
申し訳なさそうにイブ・ジェロは言った。
私は内心、ホッとしていた。ところが次の瞬間
「あ、そうだ!ちょっと待て!」
そう言ってその場を立っていってしまった。少しして、
「おお、ユミ!あったあった!」
満面の笑みを浮かべながら登場したイブ・ジェロの手には、カゴに入ったバ
ナナ!なんと、となりの家からもらってきていたのだ!

これには驚きましたよ。とにかく、こうまでして出してくれるのに、食べない
わけにはいかない。しかし、一番の恐怖体験は、もう変色して、黒じゃなく茶
色に染まり、皮から中身が飛び出してしまった、びっくりするほど巨大なバナ
ナが目の前に現われた時!はっきり言って、怖かった〜。でも、
「おいしいかい?」
と言ってうれしそうに笑っているイブ・ジェロの顔を見ると、たとえ腹痛になろ
うが、食べてやる〜!と思ってしまうのである。

ところが、ある日ほんとうにバナナのない日があった。イブ・ジェロは、
「今日はバナナがないから、パパイヤだよ」
と言ってパパイヤの乗ったお皿を出してくれた。
「わあっ!私、果物の中でパパイヤが一番好き!!」
私はすかさず、そう言った。すると、
「そうか、ユミはパパイヤが一番好きだったのか!」

もちろん次の日から、バナナに変わって、パパイヤが登場したのは言うまで
もない。が、バリのパパイヤは、日本で手に入るような物と違って、一つがラ
グビーボールほどのサイズがあるのです。そのパパイヤを洗面器のような
ボールのような容器に入れて、
「さあ、おたべ!」と出してくれる。
まったく、家に遊びに来た孫にお菓子を並べて、喜んでいるおばあちゃん状
態である。

そして、「おいしいかい?うん、うん」と、うなずいている。この笑顔にはかな
わない。
でも、恐怖のバナナにくらべれば、このパパイヤのおいしいこと!そしてパ
パイヤを食べ続ける日々が続いた。
 





そんな毎日も今日で最後となった時、稽古が終わると、イブ・ジェロは言っ
た。
「その箱を、帰りに持っていきなさい」
見るとそこには、パパイヤが。しかもサイズはラグビーボー、それが段ボー
ル一箱に詰まっているではないか!

「え〜っ!だめです、これは持って帰れない!」
「なぜだ?持っていけ」
「これは飛行機に積めないですよ〜」
「大丈夫!」
「だいたいこんなにたくさん、家にすら持って帰れないじゃないですか。一個
で、一個で十分だから、ね一個だけ頂いていきます」
「だめだ!一個なんて、日本の家族みんなの口に入らないじゃないか」
「じゃあ・・・二個、二個もらいます。それだけあれば十分です〜」

弟子思いのイブ・ジェロの愛は、果てしないのであった。



色々なことがありますが、こんなイブ・ジェロも、実は若かりし頃には、バリ島
美人コンテストで優勝したという経歴を持つ、絶世の美女だったのです!
(部屋にはその時の写真が!)
そして、平民の階級でしたが、その美しさと踊りのすばらしさで、みそめら
れ、王家に嫁いだという、すてきな物語もあったりするのですよ!

70才をとっくに過ぎていても、どこまでもパワフルでオシャレで、(あ、こんな
バナナの話なんか書いちゃったけど、ほんとはオシャレなのです。・・・稽古
の時は恐いけど)

とにかく、こんなおばあちゃんになれるのなら、歳をとることも、とても楽しく思
えてきます。



第10話「こんないつもの道端で」へ

エッセイのindex pageに戻る