第10話「こんないつもの道端で」


バリでは、カメラを持っている家なんて、まだめったにないのです。私は写真
を撮る事は好きだったので、よく色々な写真を写しては、写真屋さんへフィル
ムを持っていった。

何度目かの時、店員さんが、現像された写真を持って、「やあ、ユミ、ここは
どこだい?これはクトゥだろう、これは?ハハハハ!」と、私の写した写真を
見ながら盛り上がっている。

これまでも、出来てきた写真が、なぜか番号がばらばらで袋に入っていたの
は、こういう訳だったのだ。みんな私の写した写真を見ては喜んでいる。だ
から、私の行動や交友関係までも、しっかりばれているのであった。

ある時なんか、うちの村の友達で、男の人達たくさんと写っている写真を見
つけて、店員のサンさんが、「ユミ!パチャ−ル(恋人)はどれだい?」
と聞くので、ああもう、すぐそんな話題! と思い、「う〜ん、みんな恋人!」と
答えていた。
 

たとえばこんな写真 コティンのお誕生日会


たいてい私は、この写真屋さんに行ってから、すぐそばにあるお店で、アボ
ガドジュースを飲んで、家に帰るのです。
そう、このアボガドのジュース、まず日本ではお目にかかることがないでしょ
う。
初めてこれを見た時、なんだ、この黄緑色の液体は??と思ったのですが、こ
れが、とてもあのアボガドで出来ているとは思えなくて、ほんとにおいしいの
です。しっかり私の好物となってしまいました。 

この日も、写真を受け取ると、アボガドジュースを飲みながら、写真を見てい
た、すると、近所のワヤンおじさんがやって来たので、一緒に写真を見なが
ら笑っていた。このおじさんも不思議なのだが、私が外に出かけると、その
先で、「また〜?」というくらい、ばったり出会うのである。
 

村対抗の、巨大な凧上げコンテスト


店を出て歩いていると、道ばたのワルン(屋台)で4、5人の人達がたまって
話しをしていた。
私が通りかかると、「おっ、まあ座れ、座れ」といって、ジョッキに氷のかたま
りを詰め込むと、そこにビールを注いで、「まあ、飲め〜!」と言った。
バリは、お店でも冷蔵庫のない所がたくさんあるので、ジュースやビールが
冷やされているところは少ないのです。なので、冷えていないビールは、お
店に置いてある、巨大な氷のかたまりを割り入れて冷やして飲むのが一般
的。これが、バリ島の暑さの中では、驚くほどおいしいのです。

ついさっき、アボガドジュースを飲んだばかりだというのに一気に飲んでしま
った。
「おいしい!」そう言うと、「うん?なんだ?写真が出来たのか〜?」
ああ、これだったのか。私はみんなに写真を見せた。
「わははははー!」写真はみんな、よほど楽しいらしい。たまに自分が登場
すると、なんだか照れている。そうこうするうちに、ニワトリをつれたおじさん
が二人やってきて、なにやら二羽をけしかけだした。これは闘鶏の鳥だ!お
互いのニワトリを威嚇させ、そして、満足そうに脇腹に抱え込み、羽根を撫
でている。

太陽は燦々と照りつけているのだが、少しひさしを付けて影になっているここ
は、とても涼しい風が吹いてくる。なんだかおもしろい。

こんなバリの道ばたで、みんなですわりこんで、ぼーっとしているバリの人達
の気持ちが分かる様だった。(ここの人達は、だいたい朝の涼しいうちなど
に、一仕事終えてしまって、昼間の暑い間は、木陰で休んでいるのが普通な
のです。みんな昼間っからふらふらして仕事してない!?とは思わない
で!)
 

ここはこの話しの場所とは違うのですが、こんな感じ


ある時、またこの場所を通りかかった私に、「ところで、ユミはパチャ−ルは
いるのか?」と尋ねてきたので、「うんうん、いっぱいいる」と、はぐらかしたつ
もりで答えると、彼は、「そ、そうだったのか・・・ユミは、プレイガールだった
のかぁ〜!!」と、とてつもなく派手に驚いて、とても私の発言が冗談だとは信じ
てもらえなかったのでした。

いかん、いかん!あまりうかつな事を口走っては。明日には村中に噂が広ま
っているかもしれない!前にも、私が言った話しのネタが、次の日には出会
う人達みんなが知っていた事があった。

・・・あれ、ちょっと待てよ、写真屋のサンさん。あの人も以前の私の発言を、
本気にしているのでは!?思わずクラッとなってしまった。ここでは冗談が通
じない。みんな、妙なところで素直なんだから。                 
       
もう、こわくて真相が確かめられないのである・・・。



第11話「トランスの謎」へ

エッセイのindex pageに戻る