第11話「トランスの謎」


バリの人達は、すぐにトランスに入ってしまう。このトランスって、一体何?
私が初めて、このトランスを観た時の事。同じ舞踊団のエカが、お祭りの儀
式で、ジャゲルを踊るというので、出かけていった。この日は、集会場を新し
く作り直したお祝の儀式。夜8時から始まるとの事だったのに、なかなか始
まらない。一時間以上過ぎた頃、なんだかすごい重厚なガムランのうねりが
聞こえてきた。儀式に集まった人達の後ろの方から、ジャカジャカと演奏しな
がら列をなして、ガムランを手に持った演奏者が現われた。それに続いてプ
マンク(僧侶)が歩いて来る。お供え物を手にした人達と、その後から踊り子
さん達がぞろぞろと登場し、その場に座り込むと、お清めの儀式が始まっ
た。なんだか、ただならぬムード。

ガムランは、地の底から天へ向かってうねっている。西洋音楽と違って、ガ
ムランの響きは、横に広がるのではなく、縦に突き抜けるのだと、この時感
じた。そして、そのうねりは徐々にパワーアップしていき、螺旋上に回転しな
がら駆け抜けた。引き込まれそうだ!すると、まわりの人達が、一人、二人
と、どんどんトランス状態になっていった。男性も女性も、その中には、衣装
を付けたエカまでも!

トランスになると、自分の意識は完全になくなって、何をしているのか、分か
らなくなってしまう。その場で倒れたり、体を大きく揺さぶり叫び出したり。そ
してその渦は舞台へ。




出演者がずらりと並び、その前に、トランスに入った人達が運び上げられて
いく。こんな状態になって、エカはこの後踊れるんだろうか?聖水を手にした
プマンクが、なにやら唱えながら、聖水をふりかけていく。すると、さっきまで
大騒ぎしていたのが、うそのようにケロッと治っていくのだった。踊りが始ま
る。ジャゲルは、大勢の男女が歌いながら、にぎやかに始まった。





続いて舞踊劇に。道化役が登場し、バリ語で話されているセリフは、すごくお
かしな事を言っているらしく、観ている人達は、みんな狂ったように笑い出し
て、中には椅子から落ちながらも笑っている人までいる。笑いころげるとは
まさにこの事だ。

物語りは進み、王子が出てきた。どうやら眠ったまま目を醒まさないらしい、
妖精のようなイメージの、肩から羽衣を垂らしたエカが現われ、揺り起こそう
とするが、目を醒まさない。続いて魔女が登場する。先ほどまでの、お笑い
ムードとは一転して、緊張感が走る。それに続いて、黒く長い髪を振り乱しな
がら、暴れまくる化け物が出てきた。           

なにかすごいものを感じる。なんだか様子がおかしい。前の方で観ていた人
達が逃げ始めた。化け物役の人は、トランスに入ってしまっている。恐ろしい
仮面を付けたまま、暴れ続けている。そしてこちらの方にも、どんどん迫って
来るじゃないか!やばい、逃げたい。みんな怖がって、慌てて立ち上がった
りしていると、化け物の近くにいた人が、またどんどんトランス状態になって
いった。

私も、もう少し近くにいたら、引き込まれそうな勢いだ。舞台上でも、出演者
達が次々トランスに入っていった。何だ何だ??こんな状況で、公演は無事終
了するのか!?すると、再びプマンクが現われ、みんなに次々と聖水をふりか
ける。トランスに入っていた人達は、聖水を浴びて、徐々に意識が戻ってい
く。





 その後の物語りは、よく覚えていないが、舞踊劇は終わった。どこがラスト
シーンだったのか分からないまま、「終わった終わった」と、みんなが立ち上
がって帰り始めたので、とにかく終わったのだろう。
「さ、帰るわよ」カデさんが私の手を引いて歩き出した。

いったい何だったのだろう???もう、すっかり夜もふけて、とっくに12時を
まわっている。帰り道、やけに大きな月が、こちらを照らしていた。

バリで見る月って、どうしてこんなに大きいのだろう。頭がぼーっとして、ちゃ
んとまっすぐ歩けているのか、よく分からない。なんだかキツネにつままれ
て、馬にでも蹴られたような、突然の思い掛けないショックだった。先ほどの
出来事は何だったのだ?これが、初めて見た時のトランス。

その後は、お寺で行われるお祭りの時には、必ずトランスになるということを
知った。でも、このトランスは、バリの人ならすべてがなるというわけではな
い。トランスになっている時には、神の意識がその人の体の中に入るそう
だ、その間は本人の意識はどこかへ行ってしまう。そして、神が人の体を使
って動きだし、最後に色々なお告げを語り、それを聞き届けると、プマンクは
聖水をふりかけ、祭りは終わる。
                          
つまり、神に体を貸すことができる人だけが、トランスになるのです。その人
は、生まれた時からそういう役目になっていて、そうでない人は、ならないの
です。

それにしても、トランスに入っている時のただならぬ様子が気になって、後か
ら聞いてみたところ、エカの場合、祭り事があると必ず入ってしまうらしい、で
も、その時は苦しくもないし、何も分からない。
そして、トランスが覚める時、ストレスや心の中の嫌なことすべてがスカッと
飛び去っていき、とても気持ちが良いのだという。
もう一人、祭りの時に、毎回トランスになる為に選ばれているおじさんに聞く
と、自分は体を貸すだけ、その時は自分ではないので、何が起きても痛くも
ないし、何をしているかも分からないのだと。

話した事も何もかも覚えていない。では、その間、本人の意識はいったい何
処へ行ってしまうのだろう?そのおじさんに、トランスになっている時の様子
を写した写真を見せた。すると、「へぇー、自分は全然知らない」と言って、め
ずらしそうにながめていた。
まったく不思議だ。





人々がトランスになり、神様の意志によって動き、語りだす。祭りがなくては
バリの生活は成り立たない。

バリ島の謎はまだまだ続くのだ。



第12話「恐怖のイミグレ」へ

エッセイのindex pageに戻る