第12話「恐怖のイミグレ」


インドネシアには観光ビザがないので、旅行者は60日の間なら、ビザなしで
滞在することが出来る。

バリ島に長期滞在する為には、60日間が過ぎる前に、どこか一度外国へ
出国しなくてはいけない。

そうすれば、また60日の間は滞在することが出来るのです。その時、必ず
通過しなくてはならないのが、空港での出入国審査のイミグレーション。長期
滞在をくり返している仲間達の間では、『恐怖のイミグレ』と言われている。
べつに、違反も悪い事もなにもしていなくても、とりあえず日本人だ、というこ
とだけで、なんだかんだと言いがかりをつけてくるのである。これは要するに
チップが欲しいだけで、そして、なんか恐いからお金払って許してもらおうと
いう人が居たら儲け。とばかりに、いちゃもんをつけてくる。

ただでさえそんな状況なので、なにか少しでもおかしな事があると、大変な目
に遭うのである。私が初めてバリに長期滞在した時は、2ヶ月の滞在だった
ので、外国に出国することもなく、問題なく帰国出来るはずだった。

この時は、深夜2時半頃に飛ぶ便だったので、3時間前に空港に行き、手続
きをしていた。ところが、衣装などで荷物が重量オーバーで、その分の支払
いなどをごちゃごちゃやっているうちに、思ったより時間がかかってしまっ
た。

いよいよ出国のイミグレを通過する。が、イミグレのカウンターにいた男は、
上から見下ろすように不敵な笑いをうかべながらこちらを見ると、私のパス
ポートをヒラヒラと振りながら、「おまえビザを持っていないだろう。おまえは
不法滞在だ!」と言い放った。
「ちょっと待って下さい。60日まではビザは要らないでしょ」
ところが、「 今日はいったい何日だ〜?」と、勝ち誇ったように言われて、は
っと時計を見る。しまった、私は少しでも長く滞在するために、60日きっちり
の予定をしていたので、その為には深夜12時をまわる前に、イミグレを通
過していなくてはならなかった。

先程の荷物のところでの時間のロスもあり、時計は12時8分を指していた。
別室に連れていかれ、罰金を請求された。しかし、その時持っていた金額
が、あと4千ルピア足りなかった。4千ルピアといえば、日本円で百円にもな
らない額である。
「もうこれだけしか持っていないのです。お願いします」
「だめだ!きっちり払え!」
始めのうちは、本当に払えないと主張すれば、諦めてくれるだろうと思ってい
たのですが、徐々にその場のムードがおかしくなってきた。その時別室に居
た3人は、「こいつから罰金取ったら、後でいいもの食べようぜ」「カラオケ行
くか?」「どうする?ワハハハ」段々会話が、とても国の機関で仕事をしてい
る人達とは思えないようなものになっていった。そのうちの一人が、「おい、
あんまり言うとヤバいぞ」「何言ってんだ、どうせこいつ、インドネシア語なん
て分からないだろ」(くやしい〜!!!)更に会話は続き、「もしほんとに罰金
払えないのなら、こいつジャカルタに飛ばしてやろうぜ!」

これはマズイ。この人達、本気だ。私は日本円で1万円は持っていたのです
が、しかし、百円にも満たない金額の為に、しかもこんなひどい人達の飲み
代に使われる為に1万円を出すのが許せなくて、ルピアに換金するか、せめ
て千円札に両替え出来ないものかと、その場を出た。

パスポートを取られている以上、どうしょうもない。それにしても、百円にも満
たないお金の為に、ジャカルタに売り飛ばされる話になるだなんて!!!
どうしよう・・・ 、早くしなきゃ、乗るはずの飛行機が飛んでしまったら、それこ
そジャカルタ行きだ。空港内を走り回っていると、帰国する日本人の観光者
に出会った。「すいません!これ、両替えしてもらえませんか?」事情を話す
と、なんとその人は、1万ルピアをくれたのです!この1万ルピアのありがた
かったこと!!

そしてその人のおかげで私は、きっちり“罰金”を払い、無事イミグレを通過
することが出来たのでした。

 



次に起きたイミグレ事件は、一度シンガポールに出国して帰って来た時の
事。イミグレの入国カウンターでパスポートを出すと、「ん?前にも来てるな、
何日滞在するんだ?長いな。私にお土産は?」あ〜またか!そして、「帰り
のチケットを出して」と言われた。私は、シンガポールは本当に出入国スタン
プを貰うだけの為に出たので、必要最低限度の費用以外、大事な物はすべ
てバリのホームスティ先に置いてきており、おまけに不勉強だった私は、日
本に帰る時のチケットは、なくしては大変と、これもまたバリの家に置いてい
たのだった。

「チケットは、今持ってないです」「何?チケットがない!?」「あ、チケットは
あるんです。でも、今持ってない」「何処にあるんだ」「家に置いてあるんで
す・・・」

「どういう事だ!チップを払え!お土産は!?」
この時、すぐにチップを払っておけば良かった。でも、その時持っていたルピ
アの紙幣が五万ルピアで、チップにするにはちょっと高いな・・・チケットだっ
てちゃんとあるのに。
それにこんなに堂々とお土産をねだる様子にムッとしてしまったのが良くな
かった。すぐに別室に連れていかれた。そして、「チケットを持っていないの
なら、1,000ドルの罰金を払え!」と言われ、なんでいきなり罰金が“1,000
ドル”なの!?と、仰天した。

「そんなお金は持っていません」「金がない?だったら入国させる訳にはいか
ないな。今すぐシンガポールに帰るんだ」「それは出来ない!」そんな事を言
っているうちに、その別室にはどんどん人が集まって来て、私は10人ほどに
取り囲まれ、いよいよヤバいムードになっていった。その中の人が「インドネ
シア語は話せるか?」

「ノー・・・ホトンドハナセナイ」「英語は?」「リトル・・・」私は、ここは話が通じ
ないと言い張って、諦めてもらおうかと考えた。以前、知り合った友達が、イ
ミグレに捕まった時に言葉が分からないふりをして、「ワカラナイ、ワカラナ
イ」と言って泣いたら許してもらったと言っていたのを思い出した。

ところが、ここではまったく通用しなかった。「 チケットハ、アルノデス」「どこ
に?」「家に ・・・」「家とは何だ!?おまえバリで仕事してるのか?旦那がい
るのか?」「アー、ノーノー、ホームスティ、そこにチケットがオイテアル。今空
港のソトに家の人がムカエニ来てクレテルカラ、話せば家からチケットをモッ
テ来る事がデキル」段々ギクシャク喋るのが苦しくなってきた。

「お願い、家の人と話をさせて ! 」「だめだ!出す訳にはいかない」「じゃ、
家に電話をさせて!」「だめだ!おまえは電話出来ない!」そして、家の住
所は、と聞かれて、紙を渡すと、「パスポートと、これもコピーしろ。チェックリ
ストに入れておけ」そう言うと、私のパスポートを6枚くらいコピーして、ファイ
ルに入れた。

チェックリストってどういうこと!?まさか、二度とバリに来られなくなる、なん
て事になるんじゃないでしょうね!?「来い!」そして、取り囲まれた私は、両
側から両腕を掴まれて、空港の中を引きずられていた。
なんだなんだ!この犯罪者的な扱いは!
「うわーっ!待って、どこ行くの!?」
「おまえ、キャッシュカードは持っているか?」
「カード?・・・持ってるけど」
「じゃあ今からそのカードで、シンガポール行きのチケットを買え。今すぐシン
ガポールに帰るんだ!」
「それは出来ないっ!!お金も持ってないし、シンガポールに行ったら、私は
日本にも帰れなくなってしまう。チケットがあるのにどうして家に連絡させてく
れないの!」こんな、入国前のどこの国にも属していない空間で、なんて事
になってしまったのだ!でも、それからかなり頑張って、なんとか外に迎えに
来てくれている家の人に、私のチケットを持って来てもらえるように話を
する事が出来た。

そこで、別室に詰め掛けていた人達はそれぞれ何処かへ行き、部屋には私
と一人の男だけになった。「さて、チケットはいつ来るんだ?」「戻って来るま
でに1時間かかるので、1時間後です」すると、突然男は怒りだした。
「そんな時間は待てない!今すぐ罰金だ!」無茶苦茶じゃない。「チケットが
あるのに何の罰金?」「おまえのせいで時間が無駄になった。罰金!罰金を
払え!」今チケットを取りに行ってくれてるのに・・・。
「お金は持ってない。もうこれしかない」そう言って5万ルピアを出すと、それ
っぽっちか、と言わんばかりの嫌な顔をして、「ちょっと待て。今日本語の分
かるヤツを連れて来る」そして、日本語の分かるヤツというやつが登場し
た。

「オー、ワタシ、ニホン、ワカルネ。フジヤマ、イチバンネ。アナタハ、アー、イ
マ、ソウネ、コニチワ。キョーハ、ソデスネ、トモダチ、シッテルネ」
・・・お願いだ、これ以上しゃべらないで。
「あの・・・あなたの話している事はさっぱり分からないのですが」「ワタシ、オ
ー、ワカルネ」「・・・」すると、先程の男が目で合図した。

「アー、アナタハ1,000ドル、ハラエナイ」「はあ」「バッキンハ、1,000ドル」
「それはチケットがない時でしょう」「オー、アナタハ、チケット、モッテル、ワカ
リマシタ。デワ、イクラ、ハラエル?」「はあ?」「チケットモッテル。イクラ、デ
キマスカ?」

何が何でもチップを取らなきゃ気が済まないようだ。何を言っても無駄!こ
の訳の分からない“日本語の分かるヤツ”と話しているうちに、またかなり時
間が経っていた。

「そろそろチケットが届く頃なんですけど」そう言うと最後に、「デハ、30ドル。
ハラエルカ?」と聞いてきた。あまりしつこいので、私は換金して30ドルを支
払った。

すると男はパスポートにスタンプを押すと、私に差し出し「出ろ」と言った。
わざわざ取りに行ってくれたチケットを確認もしないで、この態度は何!?し
かし、出ろと言うのならさっさと出てしまおう。そう思って、立ち去ろうとして自
分のパスポートを見ると、なんと入国スタンプは、滞在日数期限付きの特別
スタンプが押されている!    

「なんですか、これ。これじゃ、私の帰りのチケットに日にちが足りません!」
「フン、もうそれで許してやる」あくまでふてぶてしい男の態度。くやしいけど、
こんなところにいつまでもとどまっている訳にもいかない。

空港を出ると、家のコマンさんと、おじさんまで一緒に待っていてくれて「チケ
ット持って来たよ」と、渡してくれた。
「もういいんだって。でも私のパスポート、コピーしてチェックリストに入れられ
て、こんなスタンプ押された」それを見ると、2人はすごく怒ってしまった。「か
わいそうに!ひどい!」私はまた再びバリに降り立つ事が出来た喜びと、先
程まで散々脅され続けていた緊張感と、くやしいのとで、今頃になって涙が
出て来た。

家に帰ってから、イミグレでの様子を機関銃の様にしゃべりまくり、部屋に入
ると、やっと、帰って来たんだ!!と実感した。

家が大好き、バリが大好き!だけど、バリのイミグレなんて、大嫌いだ
〜!!


 
           
●追伸:この様にイミグレ−ションで苛められるのは、あくまでも長期滞在者
に限ります。ツアーや短期でホテルに泊まってくれるようなお客さまには、「ど
うぞどうぞ」と迎えてくれるのです。ご安心を。これから長期滞在を、と考えて
いるあなたは、気を付けて下さいね。


●更に追伸: このエッセイに書かれている情報は、あくまでも書いた時当時
のもので、現在では旅行者の滞在日数は、30日迄となっております。

イミグレーションも、今は規則正しいまともに働く人達に様変わりしています
ので、もうこのような目に遭うということは、おそらくない事でしょう。物事は変
化するものですね。



第13話「言葉にできない想いを込めて」へ

エッセイのindex pageに戻る