第14話「哀愁のブロン」


ホームスティ先の家で飼われている犬のブロンは、さぞ、いろいろな苦労が
あったのだろうな。と思ってしまうほど、いつ見ても哀愁が漂っている。

どんなポーズをしている時でも、彼の表情は、まるで何かを悟った人間のよ
うに、深い面持ちで、静かにどこかを見つめている。そして、いつもお腹をす
かしているのだった。

 

う〜ん、哀愁が・・・


バリで飼われている犬は、たいていどこの家でも、日本のようにかわいいペ
ットとして飼われているわけではなく、番犬としてその家に居るだけ。という感
覚で、鎖で繋いだりもせず、特にエサを与えたりもしていなかった。

犬達は、食べ物の確保は、自分の足で歩きながら、道ばたなどに置かれて
いるお供え物の中の食べ物を食べたりして生活していた。だから、どの犬も
かなり痩せていて、顔つきも野生的だ。ブロンも例外ではなく、家の人達は
みんな、このブロンを、特に可愛がっているふうでもなく、誰か知らない人が
来た時、吠えて来客を知らせてくれるものという存在だった。

ブロンは私にとてもなついていた。今まで、頭を撫でられたりという経験がな
かったせいだろう。そして、なによりも、御飯の残りの魚の頭や、鳥の骨をく
れる貴重な存在だったからである。

日本の犬なら、骨など与えると、のどに詰まらせてしまうので、食べさせては
いけないものなのだが、ブロンは、どんなものでも、驚くほどきれいに食べて
しまうのだった。



こうして外を歩きまわる


ある朝、私は少し具合が悪く、ほとんど御飯を食べる事が出来なかった。そ
の時、近くにいたブロンに、その御飯をあげた。
「はい、ブロン食べて」思いがけず目の前に差し出された山盛りの御飯に、
ブロンは一瞬驚き、そして、下から私の顔を覗き込むと、[ほんとに食べてい
いのか?]とでも言いたげな眼差しで私を見た。「ほら、食べて」と言う言葉を
聞くと、彼は哀愁の漂ったつぶらな瞳で、まじまじと私を見つめ、感激のあま
り、じわじわとすり寄って来て、[ありがとう!]と目で訴えていた。

 

おなかすいて、だらけている


この家には、以前ネコも飼われていた。私がそのネコの名前を尋ねると、
「クチンだよ」という答えが返ってきた。クチンとは、インドネシア語でネコとい
う意味。つまり、名前など付いていなかったのである。それにくらべれば、ブ
ロンにはちゃんと、まっとうな名前も付けてもらっているのだから、いくら放し
飼い状態とはいえ、やはり大事にされているのかな?と思っていた。

ところが、私はある日、驚くべき事実を知ってしまうのであった。少しバリ語も
勉強したいと思って読んでいたバリ語の本の中に、『動物』という単語に『ブ
ロン』と記されていたのを見てしまったのである!

つまり、みんなは「ブロン、ブロン!」と呼んでいたのは、単に、「動物、動
物!」と呼びかけていたという事になる。ああ・・・なんてつくづく、哀愁のブロ
ンなのであった。



暑さに耐えるブロン




第15話「なにかおかしい!?」へ

エッセイのindex pageに戻る