第15話「なにかおかしい!?」


ある日、とても牛乳が飲みたくなって、家の近所では売っていないので、隣の
村まで歩いて買いに行った。隣村といっても、歩いて10分ほどの所ですけど。
すると、道の途中で「おっユミどこへ行くんだ?」と尋ねられたので、「スス(牛
乳)を買いに行くの」と答えると、「そうかそうか、ユミはススか」と、なぜかちょ
っとおかしそうに、にやにや笑われて、なんだろー?と思いながらも、そのまま
歩いて行った。

牛乳を買い、再び先程の場所を通りかかると、まだ、さっきのワヤンが居たの
で、「スス買ってきたー」と言って、通り過ぎようとしたら、また笑っている。
なんだ?不思議に思いながら家のすぐ近くまで来ると、友達のヌガーがワルン
(屋台)でお茶を飲んでいたので、私もその横に座ると「さっきねー、ススを買
いに行くって言ったら、笑われたんだけど、なにかおかしい?」そう言うと、
「ん?う〜ん・・・いや、いいよ。でも、ススは子どもが飲むものだからな」
と言う答えが返って来た。

そうだったのか、たしかに大人が飲んでいるところをまだ見た事がない。ここ
では、いわゆる”ミルク”という感覚で、おこちゃまの飲み物という感じなのだろ
う。「ふ〜ん、いいもんね。日本では、大人もススを飲んでるんだよ」そう言って
ススを飲み始めると、やっぱり彼も少し笑っていた。

でもね、何日か後に、見てしまったんですよ。家のカデさんが部屋でススを飲
んでいるところを!「あっ、カデさんスス飲んでる!」私がそう言うと、カデさん
は小首をかしげ、にこにこしながら「ん、これ?ドーピング」だって。

それ以来、使わせてもらってますよ。バリで牛乳を飲む時には「ドーピング!」
と言いながら、飲んでる私です。


バリのお店いろいろ
果物、お菓子、雑貨が並ぶお店
主に野菜が売られている店。
上からぶら下がっているのは、
洗剤や粉のドリンクなど。
 道ばたのココナッツ売り。
このままナイフで椰子の実に切り目を入れ、
ストローで中の天然ジュースを飲む。
こんな移動式の店も、
食べ物から雑貨など、かなりの種類がある。



第16話「バリ感覚の驚きと幸せと」へ

エッセイのindex pageに戻る