第16話「バリ感覚の驚きと幸せと」




バリの夜道は暗い。
もちろん場所にもよりますが、街路灯もあまりなくてほんとに月明かりを頼り
に、という場所もたくさんあります。とにかく真っ暗。そんな中、なぜか私を呼
ぶ声がする。
「ユミ、ユミ!」
なに!?誰??どこから呼んでるの?私はその声のした方向を、目をこらし
て見ているのに、どのくらいの距離に誰が何人いるのかもさっぱり分からな
い。
「だれ〜?」と言いながらそろそろと近付いていき、やっとやっと誰だか分か
るのです。なのに、ほかのみんなには、かなり離れたところからでも、しっか
り見えていて、こんな暗闇で、どうして!?と驚きます。

だから、それが昼間だと、また凄い!遥か遠くの場所から、なにやら私を呼
ぶ声がして、なんだ?誰が何処から呼んでいるのだ!?と思っていると、ダ
ダダーッとバイクが走って来て、「やあ!」とか言われる。私には、少し近くに
来るまで誰なのか判別出来ていないのに、どうして、バイクが見えたかな?
というくらいで誰だか分かるのか、ほんとに不思議。子どもも同じで、どこか
遠くから「ユ〜ミ〜〜〜っ!」と声がして、「え〜っ、どこから呼んでるの
っ!!」と言っていると、道の横の木が生い茂っている間からガサガサーッ
と走って子ども達が登場し、「きゃはは!!」と笑っていたり、もう驚きです。




 
そして、目だけでなく、耳もすごく敏感!走って来るバイクの音が聞こえただ
けで、「あ、アグ−スが来た!」とか、「この音はプトゥだ」とか、誰の乗ってい
るバイクの音だか分かってしまう。足音を聞いた時もそう。凄いよ。日本人は
近代的な暮らしの中で、感覚が鈍っているのかなあ。やっぱり、生活や習慣
が違うと、それに合ったところが発達するのだろうか。そして、バリで出会う
子ども達がまた、ほんとに元気なんだよ。

初対面では、けっこう人見知りすることが多いけど、一度話をしてからは、
別!もう、元気元気!それと、出かける時は手をつなぐというのが普通で、
でもこれ、おじさん同志でもやってるの見ると、笑っちゃうんですけど、普通な
のです。

それから、ある時村のお祭りがあり、踊りが始まったので観ていると、隣に
7、8才くらいの子どもが座って来て、「これ、食べよう!」って、お祭りで買っ
てもらった自分のお菓子を私にくれるのです。そんな、本当なら、私の方が
あげなきゃいけないくらいなのに。

お菓子を半分私の手に乗せると、一緒にそれを食べた。
「おいしいね!」そう言うと、にこーっと笑って。これなんです。
この子は、せっかくのお菓子が、自分の分が少なくなる、という事より、一緒
に笑いあって、おいしい!って食べることがうれしいんだ。私はとっても優し
い気分に、ほのぼのとうれしくなった。



この踊りを観ていた時のことです


ところで、案外年頃の女の人達で、おしとやかな人に会った事がないんだけ
ど、どうなんでしょう?私が会った人達は、みんなけっこう「わはははー!!」
って感じで、肩を組まれる時なんかも、ぐぁしいっ!隣に座るのも、どしっ!
と、その下に私の足が挟まれていようがおかまいなしだったり・・・。ちょっと
驚くんですよ。

ある時よその村のお祭りで踊る事になり、そこの女の子達と一緒になった時
も、やっぱりみんな、ダイナミックでした。

 

ごめ〜ん、みんな、言っちゃったよ。
そして、そんなに強く肩をつかまないで. . . 。


けれど、この時の踊り『ルジャン・デワ』は、儀式の時初めに、神様を誘導す
る、という意味のある踊りで、この踊りが終わると踊子達は最初にお浄めを
してもらって、神殿の前でお祈りをするのです。


 
 

その時、たくさんのお供物の前で手を合わせ、お祈りしていると、なんだか大
きな光が上からさあーっとやってきて、光の道が包んだようだった。単なる気
のせいかもしれないけれど、とても不思議な、幸せな感覚だった。





驚くこともたくさんあるけれど、何があっても、何が起きても、やっぱり、幸せ
が包んでいるのだなあと思います。



第17話「夜の海」へ

エッセイのindex pageに戻る