第17話「夜の海」


夜の海に行った時のこと。

ジンバランの海岸から海を見ていたら、その波の凄さに圧倒された。
バーンと砂浜に打ちつけられたかと思ったら、次の瞬間、凄い勢いで引いて
ゆく。 
その力強いこと。
バーン!ザザザザー!!、バーン!ザザザザー!
ものすごい引力。
月明かりの中、まるで波は呼吸しているかのようだった。

見ていると 段々、この海全体、この地球自体が、巨大な生き物のように思
えてくる。
大きな波の呼吸を真近で見ていると、このまま吸い込まれてしまいそうだ。
大宇宙の生命エネルギーを、これでもか!と見せつけられた。
暗い夜の海の、力強い波の呼吸は、いつまでも果てしなく続いていた。



 
サヌールの海でのこと。
空を見上げていると、なんだか遠くの海の上で、ピカピカと光る筋が、何本も
縦に現れては消えていく。
よく見ると、それは稲光りだった。
私のいる近くの空は晴れて星も出ているのに、海の向こうの方の空では稲
光りが、音もなく光っている。
それが、海に向かって延びては消える。
とても不思議な光景だった。

              
またある時、海岸を歩いていると、水際にたくさんの小さな螢のような光がキ
ラキラと光っていた。
波が静かに打ち寄せるたびに、それは無数の光りを放っている。
なんだろう...?
しばらく見ていると、それは夜光虫だと気が付いた。
まるで星だ。
空にも無数の星が、とても真近に、大きく光りを放っていた。 



第18話「山のくらし」へ

エッセイのindex pageに戻る