第18話「山のくらし」 - トヤブンカにて -


以前からバリに訪れる度に、キンタマーニから眺めていたバトゥール山と
湖。
やはりあそこに行ってみたいと思い、今回山を越えてトヤブンカへ行った。
バトゥール山に近付くにつれ、だんだん雨が降ってきた。
時期的に雨期だったのですが、そうでなくともここトヤブンカは雨が多く、毎
日が梅雨の様に雨が降っているという。そして、泊まる所を探して、バトゥー
ル湖のほとりに滞在した。

目の前にすぐにバトゥール湖。ここは活火山の熱で、湖の一部に温泉が湧
いているというところがあり、行ってみると子ども達や近所の人が湖に入って
いた。
本当に温かいのかな?と思い、手を入れてみると、少しぬるめだが、たしか
に温泉だ。私もこの湖の温泉に入ってみた。
ああ、なんて風流な!と言いたいところだが、ここバリではそうはいかない。
みんなお湯に浸かりながら、せっけんで体をこすったり、髪を洗うシャンプー
の泡がお湯にどんどん広がっていく。
そんなこともおかまいなしで、ここはみんなの浴場となっているのだ。お湯に
浸かっている少し横では洗濯をする人達。
ともかく、数年前に山の向う側から見ているだけだった広大な湖と山を、直
に眺めながら天然温泉に入れたことが、私にとってはとても満足だった。



ほんとに天然です



温泉の横では洗濯をしている


しかし、ここは寒い、かなり標高が高いのだろう。
雲も、もうそこ!に浮いている。
ここに来る前に、山に行くつもりでなく出かけてしまったので、寒さに耐える
日々になってしまった。

着いた日の夜、これからどう過ごそうかと思いながらご飯を食べていると、ジ
ャケットを着込んだ男の人が話し掛けてきた。山登りをするのだという。
「へー、山かあ、寒いんだろうね」そう言うと「明日山に登って日の出を見ない
か?」と誘われた。最初は断ったのだが、特になんの予定もしていなかった
ので、せっかくここまで来たのだから、バトゥール山登山もいいかも、と思
い、一緒に朝日を見に行く約束をした。
「じゃあ明日5時に!」

次の日、5時前に外に出ると辺りは明かりひとつなく真っ暗闇。明かりがない
とこんなに暗いものなんだ。
空にはまだ、たくさんの星が光っている。
手探り、という感じで約束の場所に辿り着くと、マデがやって来た。車で少し
走ってから、いよいよ山を登りはじめる。マデの持った懐中電灯一つの明か
りで、けもの道のような山道を登っていくのだが、今登っているところが一体
どんな所なのか、さっぱり分からない。とにかく真っ暗!足を踏み外さないよ
うに、照らされた土の上を見て進んでいった。

山の上はさぞ寒いだろうと思って服を重ね着し、ジャケットを持っていなかっ
た私はカイン(本当は巻スカートのように着る布。サロンとも言う)を上からは
おって防寒していたが、登り続けていると、どんどん暑くなってきた。

かなり上まで登ったところで、マデが「まだ歩けるか?ここからでも朝日は見
えるけど」と言った。「せっかくだから、一番バグース(最高)なところまで行く」
そう言って再び登り続け、ついに山の頂上まで辿り着いた。
その頃になると、やっと辺りが薄明るくなってきて、景色が見えるようになっ
た。

「あっちから太陽が出るよ」そう言われてそちらの方を向いて見ていた。だん
だん明るさが増して、雲が赤く染まりだした。みるみる空に赤い光が広がっ
ていき、太陽が現れる。きっと何度も見に訪れているであろうマデも、静かに
じっと太陽を見ている。
随分長い時が経ったようだった。
ああ、そういえば、これは2003年の初日の出ではないか!と、年が変わって
いる事を思い出し、こうしてこの山の上から、ほとんど真横から現れた太陽
を見ていることが、とても感慨深い事のように思えてきた。







帰り道、辺りを見ると、こんな山の上にも何軒か家が建っている。建物の様
子から見ても、山の下とは随分雰囲気が違う。何世代か昔の建物のようだ。
そして、もと来た道を帰るのだが、明るくなってから見ると、えっ、こんなとこ
ろを登ってたんだ...と思うような凄いけもの道で、そして、さらにその道をこの
山に住んでいる人達が、野菜やいろいろな物を頭に担いで運びながら登っ
て来た。
人間って凄いなあ。
もう、しみじみそう感じてしまった。しかも、ふと足もとを見ると、みんなうすっ
ぺらなサンダルを履いている。
この山道を、なんてつわものなんだ!!

帰る途中、マデがピサンゴレンとナンカゴレン(バナナとジャックフルーツの
天ぷら)を買ってくれた。早朝から何も食べていなかったので、この揚げたて
の天ぷらがとてもおいしい。
こうして、トヤブンカでの一日が始まった。

宿に戻ると、朝食を頼んだ。トーストかバナナパンケーキが出来ると言われ
たので、トーストを注文した。
それから湖を見ながら待っていたが、いっこうに朝ご飯は出てこない。
40分ほど経った頃、ふと見ると、さっきの宿の人が食パンを片手に戻って来
た。外に買いに行っていたのである。どおりで遅いはずだ。しょうがないな
あ。
そして、パンが出てくるまでにまたまた時間のかかること!ここではのんびり
過ごそう。そう思った。
お昼にご飯を食べた時にも、このバトゥール湖で捕れる魚がおいしいと聞い
たので、それを注文すると、またまた料理が出てくるまでに1時間かかるので
ある。
注文を聞いてから、必要な物をいろんなところに買いに行っているようであ
る。あんまり人もいないから、ほとんど材料も置いてないんだなあ。
でも、出て来た魚はかなり大きくて、本当にとてもおいしかった。

トヤブンカ滞在中は、この魚を、焼き魚、フライ、蒸し、などいろいろな調理
方でいろんな料理を食べた。
ここでちょっとおかしかったのは、メニューの中にスパゲティーと書いてある
のがあり、こんなところでスパゲティーがあるのか?とどんなものが出てくる
か試しに頼んでみたら、しばらくして出てきたのが、インスタントラーメンの麺
がトマトと炒められたものだった。
う〜む、やはりそうきたか。でも、見た目はともかく、味付けはおいしかった。
これはスパゲティーではなく、新しい料理として出したらいいのではないかと
思う。

この辺りは、以前バトゥール山が噴火した時の火山の溶岩石があちこちに
黒い岩肌を見せ、他のバリの風景とはかなりイメージが違う。
バトゥール湖の向こう岸には、バリ島の先住民族が住んでいると言われるト
ゥルニャンの村がある。そこは、バリの中でも独自の生活をしているという。
向うは更に違う文化があるんだろうなあ。
湖で洗濯をしている人達の横で、釣りをする子ども達と並んで、そんなことを
考えながら山のバリを過ごした。 





第19話「マジック」へ

エッセイのindex pageに戻る