第19話「マジック」




あるお祭りの日、村のみんなは準備のために、たくさんの飾りやお供え物を
持って、近所のお寺に向かっていた。
お寺の入り口のところに行くと、顔見知りの数人と、子どもたちがいたので、
そこでしばらく話ながら、行き交うお供え物を見ていた。

すると、以前からたびたび私に声をかけてくる少し不思議な雰囲気をもつお
じさん?が、手にお供えの果物を持ってやってきて、お寺に入っていった。ほ
どなく戻ってきて、手にした果物の中からバナナを取ると、「食べて食べて」と
言って私に渡そうとした。
私は、お供えの果物をすぐにもらっていいものか....と、ためらったのだが、か
なり強引に手渡され、断るのも失礼なので、そのままもらって帰ってきてしま
った。
家に帰ると、カデさんが私の持っているバナナを見て、「どうしたの?そ
れ!」と、けげんそうに言った。「さっき貰ったんだけど」「誰に?」「ええと....」
あ、そういえば何度も会う度に声をかけられていたけれど、名前を聞いた事
がなかったのだった。
「名前は分からないんだけど、よく会う人だよ」「名前も知らない人からもらっ
たの!?」そう言うとカデさんはコマンさんに「マン!ユミがね、知らない人か
らバナナを貰って....」するとコマンさんが私を見て、「えっ!これ、貰ったっ
て!?食べた!?」「ええと、食べてないけど....」すると「これはマジックのバ
ナナだ!」と叫んだ。「食べちゃだめだ!かして」そう言って私の手からバナ
ナを取ると、中庭の神棚に持っていき、お供えしなおした。
「マジックのバナナ??どういうこと?」「誰に貰ったって?」「 あの、髪はこ
のくらいの長さでこういう、ほら、ガルンガンのお祭りの時、帰りに話しかけて
きた人」そう言うと、「ああ、Mだわ!」するとコマンさんも「Mか、Mは最近ブラ
ックマジックを勉強してるんだ。ユミにかかるかどうか、試そうとしたのかも」
なんてこと....!

バリではブラックマジックという、いわゆる黒魔術があり、わりと頻繁にこの
言葉を聞くことがある。だからといって、こんなところでそれを聞かされると
は。M氏の真相は、さだかではないが、とにかくそのバナナは、マジックが解
けるまでお供えされていた。



色とりどりの花の入った聖水


マジックとは関係ないが、こんなこともあった。
ある日、踊りの先生イブジェロが、パパイヤをくれたことがあった。それはち
ょうど日本で売っているくらいの大きさのものだった。バリではパパイヤはラ
グビーボールサイズが普通なので、かなり小さなものだった。

こっちでこんなサイズのものは初めて見る、と思いながら家に帰ってきた時、
コマンさんがそれを見て、「これはランダの食べるパパイヤだ!」と言った。
死者の寺プラ・ダラムで、儀式の時に行われるチャロナラン劇に登場する、
魔女ランダ役を演ずる役者が、儀式の前に入神する時、この小さなパパイ
ヤを食べるのだそうだ。

イブジェロがどうしてそんなパパイヤを持っていたのかも分からないのだが、
とにかく不思議だった。(もちろんイブは何の意味もなく、私にくれたのだと思
う)バリの不思議は果てしない....。


出番前のランダ

 
こんなこともあった。ウブドの某ロスメンに泊まった時の事。朝、目を醒ます
と、なにやら大変気持ちの悪い、呪文のような声が聞こえていた。
驚いて起き上がり、どこからその声がするのか確かめようと外に出た。ふと
見ると、私の寝ていた部屋の窓のすぐ下に、どういうわけか羽根を広げたコ
ウモリの死骸が一匹、きちんとこちらを向いて、置いてあったのである。
そしてその奇妙な呪文を唱える声は、すぐ隣の家から、長い間無気味に響
いていた。
これはブラックマジックに違いないと思わずにはいられなかった。恐ろし
い.....。

マジックは、外人にはかからないと言われているが、長く滞在している人など
で、かかってしまう人もいるし、実際私は、3年ほど前にバリで大変親しくして
いる人にかけられたマジックの影響を受けて、大変な目に遭ったことがあ
る。

バリから帰ってきたある日、写真を見ていると、その人と写っている一枚の
写真に、その人の腰のところから、もの凄く鮮明に、私に向かって腕がのび
ていたのである。
最初に見た時は、これはもしかして心霊写真というものかも...?と思ったの
だが、あまり深く考えずに、そのままほっておいた。
それから何日かして朝目が醒めると、腰の所にもの凄い激痛がして、起き
上がろうとしても、どうしても起きる事が出来なくなっていた。寝返りをうつ事
も難しく何も思い当たるような事がなかったので、どうなってしまったのかと
不思議だった。とにかく2日間は歩くことも出来ずに、3日目にようやく病院へ
行き、診てもらったのだが、「何処も悪くない、なんともありません」と言われ
て帰されてしまった。けれど、立つのもやっとの状態で、なんともないなんて、
どういうことだと思いながら、3週間が過ぎていった。

ふと、その時思い出したのが例の写真。見直してみると驚いたのは、腕が向
かっている手の先は、私がちょうど痛めている腰の場所ではないか!!
これはいかにも嫌だなあと思い、仕方がないので神社に行って、お祓いをし
てもらおうと決心した。
神社に行くと、何も言わずに「あの、こんな写真があるんですけど」と言った。
すると宮司さんは「あ、これ、いかんね。すぐお祓いしましょう」と言った。「そ
うなんですか、実はこれと関係あるのか分からないんですが、突然腰が痛く
なって動けなくなったんです」「ん、引っ張ったね」そう言うとテキパキと準備を
し、お祓いをしてくれた。

最後に写真を焼いて「これで大丈夫でしょう。しかし、あんなにはっきりと写っ
ているのは初めて見た」と言われた。
それから、これで痛みもなくなるだろうと安心していたら、とんでもないことが
起こったのだ。1週間ほど経った時に、その宮司さんにお礼の電話を掛け
た。すると、お祓いをした次の日、この宮司さんは突然、原因不明の腰痛に
なり、激痛で立っていられなくなったのだという。

その様子は、私の時と同じだ!そして、自分でその痛みを祓って抜いたのだ
が、その後もう一度同じような状態になり、また祓ってからは、今はなんとも
ないと言われた。
よほど強力なものだったのだろう。私はとても申し訳なかった。
でも、とにかく消えてくれたのなら良かったと思っていたら、まだ続きがあっ
た。

それからまた1週間が過ぎた時、 突然バリから電話が掛かってきた。電話し
てきたのは例の写真に写っていた本人だ。
バリでの国際電話はとても高いので、電話をしてくるなんてよっぽどの事だ。
「どうしたの!?」そう言うと、「今、事故に遭って大変だ、腕も折れてるし足
も怪我して、でも一番ひどいのは腰で、腰の骨が折れてる」
「....ええっっ!!それはひどい!」そして、考えずにはいられなかった、例の
霊?は、ここから1週間かかって、バリに帰っていたのだ。しかも、ちょうど手
が出ていた腰の所、そこの骨が折れている。なんてことだろう。あまりにもひ
どい。
写真は、危険を知らせていたのかもしれない。そして、後からマジックだった
と伝えられた。その霊は死者のもの(幽霊)ではなく、生霊(人の想いの念)
だったということ。こんな恐ろしいこともあるのです。

善も悪も、ありとあらゆるものが渦巻く世界、でも、そんな悪いものに力を与
えないでください。
いろいろなことが起こる世界だけれど、宇宙の流れに逆らわず、まっとうに
生きていれば、幸せに気づけるし、宇宙のエネルギーそのものが愛であるこ
とが感じられると思います。

もしよければ外に出て、空を見上げてください。大地に立って風を感じて、そ
れから空の向う側から地球を眺めたところを、ちょっと想像してみてくださ
い。そして、もっともっと離れたところから、太陽系、銀河系、もっとずっと先
まで見渡したところを想像してみてください。
地球も回っているし、銀河も、大宇宙も、みんなみんな繋がっています。そし
て、みんなでひとつです。
それこそマジックのような、そうです、愛じゃないですか。

 

バリの総本山プサギ寺院の上から見た景色



第20話「幸せのプゲチェ」へ

エッセイのindex pageに戻る