第20話「幸せのプゲチェ」


以前イブ・ジェロのところでレゴン・ラッサムの踊りを習っていた時のこと。
8人くらいの子ども達を連れて、見た目50代後半くらいの、とてもあたたかい
笑顔の素敵な女性が現れた。
その女性は自分の生徒達を連れて、 イブ・ジェロに挨拶に来ていた。
イブ・ジェロが「こちらはイブ・アリニよ」と私に紹介してくれた。 私は驚いた。
その名前を何度も聞いたことがあった。ホームステイ先の踊りの先生カデさ
んの先生の一人で、とても素敵な人だと、よく聞かされていたからだ。

この女性がカデさんの憧れの先生かあ。私が、自分がカデさんの生徒だと
言うと、イブ・アリニは「まあ、そうなの! イブ・ジェロはね、私の先生なのよ」
と言った。私は更に驚いた。カデさんの尊愛する先生イブ・アリニの先生がイ
ブ・ジェロだったんだ!!

するとイブ・ジェロが「この子はねえ、今レゴンをやっているのよ。さあ、踊っ
てみせて」イブの自信満々といった口調に、私はドキドキした。
まだ最後まで習ってないのに、そんなたいそうな言い方しなくても....。
しかし、テープからガムランが流れると、仕方ないので踊り始めた。すると、
途中からイブ・アリニが、すっと相手役の踊りに入ってくれた。
ラッサム王の物語りが始まる前のプガワというレゴンの所作が終わり、プゲ
チェと言われる場面、ここではランケサリ姫が、婚約者のパンジ王子を想っ
ての回想シーンの場面で、愛しあう二人の世界が表現されているのだが、
二人が向かい合って踊り続けるこの場面。その時のイブ・アリニの大きな愛
情深い世界に一気に引き込まれていった。

踊っているその場から、どんどん幸せの空気が辺りに広がっていくのが分か
った。
練習している場所は外だったので、まわりにある木や空や、いろんなものと
一緒に、踊っているエネルギーが動いている。そんな感じだった。
なんて素敵なの!!もう、自分が踊っているのかどうか、そんなことはどちら
でもよかった。その空気の中にとけて、とろけていくような幸せな感覚が、全
身を包んでいた。
踊りが終わると、イブ・ジェロは子ども達に、「レゴンはこうやって踊るのよ」と
自慢している。

私は練習が終わると、急いでカデさんのところに飛んで行き「さっきね、イブ・
アリニ先生に会えたの!そしてね、一緒にレゴンを踊ったの!!」
そう言う私にカデさんは「そう、よかったわね!ユミはいい経験をしたわね」
と、にこにこ笑っていた。

私はずっと幸せな空気が身体から離れなかった。
しなやかで優しく、芯のある踊りのカデさん、激しい情熱を持った強い愛のイ
ブ・ジェロ、その二人ともまた違った、包み込むような何をも受け入れる、ま
るで母の愛といったような、イブ・アリニ。こんな包まれるような感覚を受けた
のは初めてだった。
サディン先生に習った時にも、大きな愛というものを感じていたけれど、きっ
と母の愛はまた違うものなのだろう。
新たな出会いに、また一つ世界が広がったような気がした。

いつも不思議なのは、踊りに入っていくと、まるで世界がどんどん繋がってい
くような幸せな感覚になること。これが、私が踊り続けている理由かもしれな
い。

こういう時は、自分が私なのか空気なのか、ほかのあらゆるものとの境い目
がなくなり、みんな同じ呼吸をしているのが、ただただ感じられる。もっとも、
こういう心境になるのは毎回ではないが、自分がとても良い状態の時や、今
回のように、相手の影響を受けてということもよくある。

バリで初めて生ガムランの演奏で踊った時も、曲が始まると音のうねりがど
んどん空気を包み、空へ向かって広がっていき、踊り始めると、まわりのも
のもすべて一緒に呼吸している様子がうれしくてうれしくて笑っていた。踊り
終わってから、ああ、こんなふうに踊ればいいのか。と思ったものだ。

それまで練習の時に、いくら微笑んでいても、こんな顔はしていなかっただろ
う。
たとえ、練習を重ねて技術を磨いたとしても、心の入っていない踊りを踊って
いては、きっとみんな、うれしくも感動もしないだろう。「踊るということは、気
持ちが、心が一番大切だ」バリで何度か聞いた言葉だ。

さて、バリ舞踊でも代表的な宮廷舞踊のレゴン・ラッサム、全て完全版で上
演すると30分ほどの長い曲になってしまうので、普通上演される時は、ストー
リーにあまり関係のないプガワとプゲチェの場面はカットされるのがほとんど
なのだが、私はイブ・アリニの思い出の、幸せのプゲチェだけでも上演した
いものだと思っている。



バンジャールで、レゴン・ラッサムを練習中の子ども達



第21話「ルバノへの道」へ

エッセイのindex pageに戻る