Yumi の部屋
   

わたしの文 
宇宙の中で、生きてるしあわせ

第一話  私の『究極』人生のテーマ
第五話 ガイアの女神 現れる
第二話  仙人現われる 謎のコリ取り法
第六話 ガイアの女神より
第三話  ジョーロのお告げ
第七話 世にも美しい光景〜世界中の千手観音さまへ〜
第四話 ジンとカナメ
第八話 地球からのラブレター



私の『究極』人生のテーマ                  ▲ページトップへ

これは、私が高校生の時に見た夢の話。

夢の中で私は、海の上に立っていた。

ふと気がつくと、となりには3mくらいの大きな、人ではない茶色の服を着た誰か
が立っていて、その人と手をつないでいた。

すると、その大きなひとが、「じゃあ、飛ぶよ!」と言うと、バッとジャンプして、次
の瞬間、目の前に巨大な月と、遠くに地球が見えた。

青く見える地表と雲の白いのが混じった、その地球のあまりの美しさに「うわあ
っ、地球って本当に青いんだ!!」と叫んで驚いていると、「じゃあ、先へ行くよ」

すると、またバンッとジャンプして、今度は土星、木星、金星、...太陽系が見渡せ
るところまでやってきた。

土星の輪なんて、ほんとに凄かった!

「うわあ、こんなところまで来ちゃった!!」
そう言っていると、また「じゃあ、次へ行くよ」

次に飛んだところは、銀河系がバーンと見渡せるところ、その後また更に飛ん
で、次はたくさんの銀河系星雲帯、そして、更に飛んで飛んで、.....

最後に連れていってもらったところが、
「ここが、『宇宙の果て』、と呼ばれているところだよ」
これは地球流の言い方である。

その、『宇宙の果て』、という場所は、宇宙全体を動かしている、宇宙エネルギー
の中心核がある場所だった。

すべての星も、銀河も、そして、その星一つ一つに存在する生命すべてと、一つ
残らず繋がっていて、緻密な計算で、寸分の狂いもなく、ちゃんとうまく回ってい
けるように働いている宇宙エネルギーの大本。

すべて、何一つかけても成り立たない。すべて必要な存在としてこの世に存在し
ている。その、無数の生命と星とが、宇宙エネルギーと金色の点々の筋、糸の
ようなもので繋がっている感じだった。

そして、なんといってもその場のエネルギーの包まれるような満たされた幸せ。

そのあまりのすばらしさと、美しいのと、幸せな感じ。

その様子をあえて言葉にするなら、まさに『愛』です。
でも、それが何ですと言えない、説明する言葉がない。

そして、地球ではこの宇宙エネルギーは、神様という言葉になったのだと私は思
いました。

地球にはいろいろな宗教があります、けれど大本はひとつ。
そのひとつを、様々な国や文化により、いろいろな神様のかたちになっていった
のが、宗教だと思っています。

見ていると涙がこぼれてきて、ずっと泣いていた。
宇宙の壮大な愛のエネルギーの姿。

ああ、よかった。もう大丈夫。
何が起きても、どんな事があっても、この宇宙の中に存在していること。
それがもう、どんなに安心で、すごいことか。

どこにいても、すでにこの宇宙の中に存在している。この、愛のエネルギーで動
いている宇宙に....。

ずっと泣きながら目が醒めて、すると、さっきまで見ていた光景が、ものすごい
強い光りでピカーッと照らされ、あまりの光に真っ白になって、頭の中で見てい
た宇宙エネルギーの動いていた様子は、みごとに真っ白にかき消された。

夢から醒めて思ったのは、宇宙の中心での幸せな感覚、これをすべての生命と
味わえたなら、地球上の争い事など、一瞬で消えてしまうことでしょう。
せめて、自分のまわりや、少しづつでも、あの愛に包まれる感じを味わえたら...。
それを少しでも強く感じられること、それがどうしたらいいのかをずっと探してい
た。

私は今までに、絵を描いたり、舞台や音楽、いろいろなことをしてきたけれど、
今の私にとっては、バリ舞踊を踊っているということが、一番愛に近い感じなの
です。

バリ舞踊の身体の動きは、「風」「植物」「動物」「宇宙の気の流れ」など、自然界
の生命の動きから、いろいろな振りを創り出している。
踊っていると、まわりの空気が一緒に、幸せで大好きな空間へと広がっていく。

自分の状態がとても良い時は、宇宙と一緒にいるということが、ものすごく強く感
じられる。どんなことでも、なんでも出来ると思えてくる。
そして、それがまわりの人達にも、その幸せな感じが、ちょっとでも感染してくれ
たら、私の理想に少し近付けるのです。
少しでも多くの人と、その感じを味わいたい。そうですね、植物や生き物や、生
命、宇宙すべてと。

極端なことを言えば、踊っていなくても、その感じに入っていけたら...、音楽がなく
ても、衣装を着なくても、それこそ、存在ひとつで愛でありたい。

  『 生きる 楽しむ 調和する
    一人一人が宇宙の中で
    すべてと つながっている 』

それが私の『究極』、生きていくことのテーマです。





仙人現われる 謎のコリ取り法               ▲ページトップへ

ある時、長い鬚をはやし、杖を持った仙人が夢の中に現われた。
その場には、私と5人くらいの人達がいた。
するとその仙人の爺さんが、

「今からコリ取り法を教えてやる。大人は誰でも凝っているのだ。産まれたばか
りの赤ん坊はやわらかい筋肉じゃが、少しづつ子どもから大人へ成長するにつ
れ、生活の中のいろいろなストレスや緊張が、体の筋肉の中に少しづつコリとな
って溜まっているのじゃ。コリは、肩を揉んでもらったりするとその時は気持ちが
良いが、一時的なもので、本当のコリは取れん。揉んでいる人も疲れてしまう。
今からそのコリ取りを教えてやる」
そして、ばっとこちらを見て「おまえ、やってみろ」
そう言って私を指さした。

「えっ!? は、はあ...」
私はどうしていいものか、一瞬困ってしまったが、仙人の言うとおりにやってみる
ことにした。

一緒にいた中の一人が簡易ベットのような台にうつぶせに寝ころんで、私がそ
の人の背中の上にのっかるようなかたちで座り、背中に手をのせた。
すると仙人は、「まずは脱力させるのだ」
肩甲骨から肩のあたり、背中全体を揺するようにして、徐々に脱力させていく。
そしてどんどん力が抜けて、だらだらになったところで、相手の呼吸に合わせて
いく。相手が息を吸う時に私も吸う、吐く時に一緒に吐く。そして、自然に呼吸が
そろってきたら、ゆっくりと息を吐く時に、とてもやわらかく背中を少しづつ押して
いく。

すると、今まで固まっていた筋肉の筋と筋の間が、息を吐く時にふっと緩んで、
筋肉の筋の間に指が入っていくように奥の方のコリに届くのです。どんどん呼吸
を合わせていくと、相手の中に入ってしまうような感覚になっていき、もう自分と
相手との身体の境い目が分からなくなるくらい、どこまでが自分の身体でどこか
らが相手なのか、スルスルと同化していくかのようになりながら、コリをほぐして
いった。

すると、揉まれている相手は、「ああ、気持ちがいい、気持ちがいい...」思わずそ
う言って、私も同じように本当に気持ちが良くなって、身体が楽になっていく。
「ああ、気持ちがいい...」

すると仙人が頷き、「ようし、これで背中のコリ取りはいいぞ。それでは今度は、
肩から首にかけてのコリ取りも教えてやろう」

そう言うと、今度は仰向けに寝ころび、寝ている台の上から、腕だけだらんと下
に垂らした状態で、また脱力させていく。そして、その腕から肩の下に手を入れ
て、下からががががっと細かく上に向けて揺すりながらほぐしていく。肩から首、
首の上の方まで。すっかりコリはほぐれ、揉まれていた相手は本当に幸せそう
にリラックスしていた。
「ああ、気持ちがいい....」

すると、 「ようし、これで、”マスター”だ!」
仙人が、 そうしっかりと、かみしめるように言うと、すっと夢から目が醒めたのだ
った。





ジョーロのお告げ                       ▲ページトップへ

ある時、夢の中で声が聞こえた。

『一度に与え過ぎてはいけない。ジョーロを使いなさい』

がばっと目が覚めた。
「はい」

それでお告げは終わった。

これは、こういうことだ。
例えばバケツ一杯の水があったとして、それを植木鉢にいっぺんにザバッと流
し入れても、ザアザアとこぼれてしまい、ほとんど受け取れないまま流れてしま
う。
それをジョーロを使って、受け取れる分ずつ少しづつ入れていけば、ちゃんとバ
ケツの水は植木鉢に行きわたる。
それは、人に対しても、なんでもそう。
せっかくバケツ一杯分のものを持っていたとして、いきなりいっぺんに与えようと
しても、人は受け取れずに流れてしまう。
受け取れる分ずつ丁寧にそそいでいけば、ちゃんと受け入れてもらえる。
そういうお告げだった。





ジンとカナメ                          ▲ページトップへ

久しぶりにお告げの夢をみた。

夢の中で男の人が語っている。

「大切なのはジンとカナメだ
ジンは強くて固い
ジンには力がある
しかし、支えがなくては役にたたない
カナメが必要だ
ジンは刃物、ジンは刀
しかし、それだけでは使えない
支えがなくては、刃だけでは役にたたない

ジンは男で女は要

強いものほどカナメ(要)が必要だ」

『大切なのはジンと要』

という夢。
目が覚めてから、ジンってなんだ??
と思って辞書で調べてみると、そのもの『刃』と書いて
『ジン』という文字があった。
おお〜、あった!!

ジン、刃かあ〜。





ガイアの女神 現れる                    ▲ページトップへ

青く美しい地球を抱きながら
ガイアの女神が
この星に生きる光の魂たちを
しっかりと包んでいる

私たちは一人一人
みな輝く魂

この光の魂を きれいにきれいに
つないでつないで

地球を中心に
しっかりと光の柱でつながって

宇宙の中で
輝く光の柱となる   

一人一人から
光のパワーを放つ
 
今 宇宙から
大きなサポートがきている
もっともっとたくさんの
光をつなげるように

大地の奥の
地球の中心

引力が
マグマを動かし
波を起こし

月と地球と太陽と
そして宇宙全体へと

その力はすべてつながっている
対極の力も
すべて螺旋にからんで

統合する

喜びの中で
大きな光のエネルギーへと





ガイアの女神より、女性性に対してのメッセージ     ▲ページトップへ

泉が湧き出している

美しく澄んだ水が、どんどんと流れだしている


女性は本来、泉のエネルギーを持っている
どんどん湧き上がり、美しい水を流していく

きらきらと 
みんなみんな ほんとうに美しい

その美しい水をふさがれ、止められてしまったり
汚されてしまったり
そんな泉もたくさんあります

でもね、
女性はみんな 美しい泉を持っているの

自分が美しい水ではないと思い込んでいたり
汚されて止められたりしていないで


あなた あなたも あなたも
女だったら
美しくいなさい

美しくありなさい

あなたは美しいのです
止められるエネルギーに 負けるんじゃないのよ
強くいきなさい

女性はみんな 
強く美しい 輝く泉をもっているの
あふれる力をもっているの

ね、
たいせつに たいせつに
ひとつひとつの 輝く泉で
この地球を 包んでね

青くかがやく うつくしい地球
 




世にも美しい光景 〜世界中の千手観音さまへ〜    ▲ページトップへ

夢の中に

大きな蓮の花たちが いちめんに広がって咲いていた

世界を蓮が包んでいる

そしてその蓮の花一つ一つに
千手観音の無数の手が 孔雀が羽根を広げたように 
ひらいている

それはそれは
美しい光景      


あまりの美しさに
おもわず私が 手を合わせると

その 私の両手を合わせるようすに
ぴったりとついて

千手観音の腕たちと
蓮の花たちも

一同にして手を合わせ
花たちはゆっくりと花びらをとじ

そしてまた
ふわ〜っと ひらいてゆくのでした 



すべて守られ
すべてが愛で満たされている

美しい光


その美しい光を
美しい蓮の花を

私たちは一人一人
この魂に 持ち

今 生きています

今この 地球という星で





地球からのラブレター                    ▲ページトップへ

エス・エヴィーニウ 
ソウ  
アウ・アンナーアー 
アイラートゥ ソーオウー

ライトォウ ソウ エイドゥ ライ 
ラヴィ・アー                

エウ・エイデウ ワース 
エウ・ソーオウ ウェル

ソー オー・オウラア 

アヴィラアー           


大切な 魂たち
いとしい 愛すべき光
この深い海の水の 愛(藍)の色 この星から
うつくしい 光のつながりを
まっすぐに そして 螺旋にのばして

昇っていく 姿を
いつも見守っていますから

あなたが あなたとして
時がくるのを

そして いつもいつも
愛を送って いますから 

愛していますから