Yumi の部屋
   

わたしのあしあと


「どうしてバリ舞踊を始めたのですか?」
よくこう聞かれます。
するといつも、どこからお話しようか迷ってしまうのですが、
いっそのこと、今までの成り行きをお話してみよう。
そう思ってこのページを作りました。

私のこれまでの成り行き人生です。



子どもの頃、石川県金沢市に住んでいた。

自然環境が良かったせいもあり、植物大好きで、幼稚園や小学校1年の頃、目
にした草花を調べまくり、自分で絵を描いたり押し花にして、自分の植物図鑑を
作ったりしていました。

図鑑に載っている植物は、ほぼ全て覚えていましたね。

それと、どういうわけか恐竜も同様に大好きで、これまた恐竜図鑑を丸暗記して
おりました。
ジュラ紀、白亜紀が大好きでした。

この頃は『生物学者になる!』 と勝手に思い込んでいた。
私の住んでいたところは、家の横に小川が流れ、周りは田園が広がり、近くに
は林があり、よく探検ごっこをして遊んでいた。ちょっと遠出をすれば、犀川から
海にも続く。
夏になると辺りの田んぼから、それはそれは無数の蛍が飛び交い、一面が蛍
の光りでいっぱいになる。
これが普通の風景だった。この場所はとても幸せで、私の中の自然の世界はい
つもここにあった。

小学校2年生になる時、名古屋へ引っ越しした。
子どもの頃はずっと、早く大人になりたい、早く歳をとりたいと思っていた。
すごくコンプレックスのかたまりだったのですね。
人前では、なんにも表現できなくて、おとなしく、すごい真面目な子どもだった。
「おとなしくていい子ねえ」
そういわれると、いつもおとなしく、真面目にしていないといい子ではないと思い
込み、たとえ誰も見ていなくても、いつもちゃんとしてがんばっていなくてはならな
いと、ずっと思っていた。
学校の先生にも「真面目の見本のような子だ」と言われていた。

しかし、ある時、なんだか無性に湧いてくるエネルギーを感じて、気が付いたら
一人でむちゃくちゃ身体を動かして、音楽もかけずにずっとすごい勢いで踊って
いたことがあった。
その頃ダンスなんて習っていなかったし、でも、自分の身体を動かしていくと、な
んだかものすごいエネルギーが漲って放出していくような感じがして、ずっと踊っ
ていた。
しかし、人前で誰の前でも踊ることはなかった。
誰かに観られるなんて、とても恥ずかしかった。
でも、『自分は踊りだ』という、わけのわからない確信があった。
なのに、それから何年も踊ることは封印していた。

音楽も同様で、触ったこともないのに、なぜか自分はバイオリンが弾けるという
絶対の自信を持っていた。
どうしてうちにはバイオリンがないのか、不思議だった。
けれど、「バイオリンを習いたい」と母に言うと、「そんなの近所迷惑だからダ
メ!」と言われ、くやしいが諦めてしまった。
次にやりたかったピアノも、習うタイミングを逃し断念していた。
ここで、音楽の道は閉ざされるのだが、中学の時は合唱部に入り、部長をして
いた。
この頃、趣味で絵も描き始める。将来は絵をやっていきたいと漠然と思ってい
た。お話を作るのも好きで、だんだん演技にも興味を持つ。
高校に入ると、美術部に入ろうか演劇部に入ろうか迷うのだが、絵なら一人でも
できるけれど、芝居は一人では出来ない。という理由で演劇部に入部。
これが私の人生の大きな転機となる。

実際に演技をしてみると、今まで何も表現出来なかった自分が、自分ではない
人格をかりて、どんなふうにでも思いきり表現出来る。何にでもなれる!
これは凄いことだった。私の中で革命が起こりました。
演技してその役の人物になってしまえば、"おとなしい良い子"でいなくてもいい。
いろいろな役をやるにつれ、その様々な面が、すべて自分の中に入ってくるよう
だった。
いや、本来すべて持っていた部分?

始めは高校の頃、自分は絵本作家になる!と思っていた。それが、あまりに演
劇に没頭し、勉強そっちのけで頑張った挙げ句、卒業する頃には演劇の道を進
もうと決める。
しかし、これも周りに反対され、舞台をやるまでにはしばし時間がかかる。

その後、名古屋の某大きな書店で勤めていた時期もあった。
ここではいろいろな勉強をさせてもらいました。私は文庫と新書の担当で、全て
の出版者と作者、本のタイトルが分からないと仕事にならないので、毎日覚えま
くる。そして、そのうちには、電車で本を読んでいる人を見かけると、カバーから
見えるその本の紙質で、ああ、あれは新潮文庫だ。あれは角川の××だ〜。な
ど、一目で分かるようにまでなっていた。
その傍ら、ある舞台で知り合った仲間達と一緒に、アマチュア劇団を立ち上げ、
旗揚げ公演を行っていた。

しかしその後、やはり舞台の道に進むのだと決め、仕事を辞めオーディションを
受ける。
天野 鎮雄さん、山田 昌さんの主宰する劇座という劇団の養成所、劇塾の7期
生となる。
ここでは演技、エチュード、朗読、パントマイム、ダンス、音楽、声楽、日舞、狂
言、など、様々な事を習い、同期生には、元レポーター、元スクールメイツ、バレ
エダンサーなど、これまた様々な仲間が集まり、この中から、後に劇団キャラメ
ルボックスに入った人、ロック歌舞伎に入った人や、日光江戸村などで時代劇
に出ている人、レオマワールドにいった人、大分県久住でエンターテイメント和
太鼓集団「TAO」を作った人など、バラエティーあふれるメンバーが集まってい
た。

私はここを卒業すると、所属はせずに、新劇、オペラ等、色々な舞台に出てい
た。そして舞台スタッフの仕事にも興味があり、照明、大道具など、舞台に関わ
る事なんでも、衣装も作ったし、劇場のアナウンスからチケットもぎり(劇場の受
付)まで。
ある時は劇団四季の地方公演のスタッフ、ある時は美輪明宏コンサートのスタ
ッフなどなど、各地の劇場を飛び回っていた。

しかし、ふと気づくと、自分がだんだん演劇から離れていくのが分かった。わくわ
くして大好きだった舞台の世界が、あんまりいろいろやり過ぎてしまったせいな
のか、何を観てもすごいと思えなくなってしまったのだ。
例えば、美しいバレエの世界が展開されていて、舞台袖に帰ってくると、先ほど
までの夢のような出演者達が、実は不仲だったり。
私は、人を感動させる人というものは!という自分なりの理想を持っていたの
で、スタッフとして舞台に付いている間に、見なくてもいいようなところまで目に付
いてしまい、どんどん気持ちが遠ざかっていった。
 
もう演技できない。ある日そう思い、役者を
辞める。
その頃は、劇塾に入る前から日本舞踊を
習っていて、それはそれで真剣にやってい
た。
音楽の関係も、どういうわけか成り行きで
いろいろお話を頂き、よく歌や演奏をするよ
うになり、芝居を辞めたと同時に、踊りの
振り付けの仕事もするようになった。
最初は知り合いの歌を歌う人に、振りを付
けてほしいと頼まれ、振り付けをするとなか
なか評判が良く、それから音楽劇のダンス
の振り付けや、ミュージカル講座での振り
付けなども頼まれ、一時期は振り付け師と
して活動していた。

日本舞踊を踊っていたとき

そんな中、舞台を始めた頃からずっと心に引っ掛かっていた事があった。
世界の民族音楽を聴いていた時に、耳に入ってきたガムランの音楽。
なんだこの音楽は!!
 
 
そのCDを見ると『バリ島の音楽』と書かれていた。バリ島、どんなところなのだろ
う?
とても気になり、いろいろなバリについて書かれている本を読んでいった。
"バリには何かがある!"
バリの音楽、芸能には単なる見せる芸術というだけではない何かがある。
それは直感でしかなかったのだが、その『何か』を感じて、まだ観たこともないバ
リの踊りを、いつか必ずやると決めていた。

しかし、その頃、外人がぽっと出かけて習わせてもらえるような芸能なのかも分
からず、習えたとしても長期で行かなくては習得できるはずもない。インドネシア
語も理解出来なくては...。
などなどと考えると、なかなかバリへ行くことが出来ないまま、そのCDを聴いた
時から軽く5年あまりの月日が流れていた。

日舞も名取りになり、師匠である家元から「おまえもそろそろ師範を取って、日
舞をやっていきなさい」という言葉を聞いた時、いや、私は職業として日舞をやっ
ていく人ではないな。と思ってしまった。
日舞の世界も大変面白く、先代の家元が歌舞伎役者だったこともあり、師匠は
とても演劇肌の人で、よく台詞の入った歌舞伎舞踊をやっていた。
しかし日舞は『人間の踊り』だと私は感じる。 慎ましく自分を押さえながらも、中
にある情熱を見せていくような。
この押さえている感じが、どうももどかしかったのかもしれない。
たとえばフラメンコは『感情の踊り』。感情を踊りで激しくぶつけていく感じ。バレ
エは、限りなく人間らしさを出さず、洗練されたものを見せながら妖精のように踊
る。
アジアの踊りは、インド舞踊もバリも、地面にしっかり足を付けて腰を落とし、裸
足で大地に根付くように踊るのだ。
私はいろいろな活動をしていたけれど、本当は何かひとつの、これだというもの
に出会いたかった。
そしてこの後、思いがけない波瀾万丈な出来事が起こり、すべての活動を停止
する。
その後、最後に残った『どうしてもバリへ行かなくては!』という思いの通り、バリ
の地を踏むこととなるのだった。
(この続きは「バリ舞踊スカル・サリ」HPのバリでの生活エッセイへ)

バリの踊りは、自然界のいろいろな要素を取り入れ、たくさんのまわりのものた
ちと呼吸しながら調和し、踊っていく。
私にはこのバリ島の自然の中でつくられた踊りに、とても宇宙を感じます。

はたして、生物学者になる予定だった子どもは、当初の予定を大幅に変更し、し
かし、形は違うが、確かに自然に還っているのだった。
おとなしく真面目な良い子とコンプレックスを克服し、ようやくこの頃、「なんでも
いいんだ〜」と思えるようになれたのだった。
カッコ悪くてもなんでもいい! いやあ、楽になりました。
これまでの人生に関わってくださった、すべてのみなさまに感謝。
この先まだまだ何処へいくか分かりません。
どうぞよろしくお願いします!          ( 2005年5月 Yumi )



バリ舞踊スカル・サリ http://sekarsari.la.coocan.jp/


その後、2006年より住居兼スタジオ、イベントスペースの
「縄文・うさぎ」を主宰。



縄文・うさぎでのバリ舞踊公演