Click!!Yumiの部屋へGo!!
スカル・サリ主宰 
Yumi
(島貫裕美)


1992年劇塾卒業後、新劇、オペラ、コンサート、ライブ、イベント活動など、様々な舞台に出演。

日本舞踊の名取りでもあり、ミュージカルやダンスの振り付けも行う。 

1997年にバリ舞踊と出会う。その後毎年渡バリし、イブ・ジェロ・マデ・プスパワティ他、バリにて著名な4名の舞踊家に師事し、バリ島滞在中は、現地舞踊団のメンバーとして、毎回ステージに立ち、バリ島最高峰のアートフェスティバルにも出演。
熟年講師から習った踊りは、現在バリでも貴重な舞踊として現地でも評価されている。

1999年より、バリ舞踊 スカル・サリ主宰。
朝日カルチャーセンター、名古屋女子文化短期大学オープンカレッジ講師となる。

バリ島アート・フェスティバル、愛・地球博、国際交流フェスティバル、東京・阿佐ヶ谷バリ舞踊祭、パシフィコ横浜・バリショー、沖縄・うるま祭りなど、全国各地の様々なステージに出演。

元気で楽しくなるステージをモットーに、縄文・うさぎを拠点に活動中。


2004年以降、バリ舞踊以外にも創作、即興舞踊を、数多くの全国各地のミュージシャン、
アーティスト達と行うダンスステージも行っている。

2006年2月4日、長久手文化の森 森のホールにて、総勢約100名による
「鎮守の森の宴 尾張開闢ものがたり」 振り付け・出演


2006年に名古屋の拠点スペース 「縄文・うさぎ」を完成させ、日々活動中。
 


ガンダ・クマラ舞踊団(右から2人目がYumi)